向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. 音楽理論
  2. 17 view

「テンションコード」などの「テンション」とはなんなのか?

こんにちはshunです。

 

今回は、コメントの方にいい質問が来ていたので、
それをシェアしたいと思います。

 

内容は、

テンション感とは何ぞや?

ということについてです。

 

このブログの内容を、今までやってきた読者さんは、
基礎的な「音楽理論」というか、音楽の仕組みやルールみたいなものが、
かなり身についていると思います。

 

なので次は、このブログ記事や、他の雑誌や教本などで、
“言葉で表されたもの”を、身体(耳)で感じる作業に入りましょう。

 

というか、アドリブの練習をしたりているならば、

もう感じていると思いますが。

 

その”言葉で表されたものを、身体(耳)で感じる”とは

どういう事かと言うと、

 

説明されたことを実際に行って体感して、
説明から受けたイメージと、体感したイメージを照らし合わせて、
自分なりの感覚に落とし込んでいく

 

と言うことになります。

 

では、上記の作業とはどういうものなのか?
一例として、今回の内容をやってみましょう。

 

まずテンション感についてですが、

テンション感とはコードに対して、
テンション(緊張)をもたらす音を使ったときに
感じるものの事を言います。

 

例えば、Key=Cの曲でC→G→Cなどのコード進行があったとして、
その上でソロを弾くとしますね。

 

バックでCのコードが鳴っている際
D音(2nd=9th)A音(6th=13th)を弾くと、
別に外れてないんだけど、ちょっと落ち着かない
感じがすると思います。

 

それとは別に、Cコードのトライアド、
C、E、G音(Cのコードトーン)を弾くと、
すごくしっくりくると思います。(落ち着く感じ)

 

このCコード上で、D音やA音を弾いたときの、
「間違ってないんだけど、なんかちょっと落ち着かない感じ」
=「テンション感」だと思ってください(ざっくりとした解説ですが)

 

で、Cコード上でD音やA音を弾いたあと、例えば、
D音→C音とかD音→E音、A音→G音のようにメロディーを弾いてみると、
ちょっと息苦しかった、落ち着かない感じから、

ほっとしたように感じると思います。

 

このちょっと息苦しいような感じ(=緊張)をテンション感と言います。

 

「テンション」の直訳は「緊張」ですからね。

 

まあ、結構ざっくりな解説なので、

若干の語弊があるかもしれません。

 

なのでちょっと他にもやってみましょうか。

 

ローコードのCをジャーンと鳴らした後、
1弦4フレット、G#音を右手でタップしてみてください。

 

次に、同じようにCコードを弾いた後、
1弦6フレット、A#音を右手でタップしてみてください。

 

はい、これは完全なミストーンです笑

 

誰が聞いてもわかりますね笑

 

ではもう一度Cコードを弾いた後、
2弦6フレット、F音をタップしてみてください。

 

これは、先にやった2音とは違い、
完全に間違った感じはしないと思います。

 

ですがCコードの上でF音を長く伸ばすと、
F音がCコードの機能を邪魔します。

 

アドリブの記事でも少し解説しましたね。

 

実際のところ、 Cコードに対してのF音は

テンションにはならないんですが。

(これについては次回解説します)

 

このように、どういうときにどの音を使うかで、
全体の雰囲気やフレーズの感じがかなり変わるので、
その辺のイメージを自分になりにまとめておくといいと思います。

 

では次回に続きます!

 

shun

音楽理論の最近記事

  1. アドリブ練習のフレーズ作り~コードトーンからコードトーンへ~

  2. 最近読んで面白かったマンガと、音楽の枠組みのハナシ

  3. イングウェイとハーモニックマイナー

  4. ミクソリディアンスケールその9 / ミクソリディアンとブルースその2

  5. ミクソリディアンスケールその8 / ミクソリディアンとブルース

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP