向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

※(旧)エレキギター初心者講座~第三回~

※こちらは古い初心者講座になります。

(難しくてよくわからない、との感想を頂いたので、

 新しい初心者講座を始めました⇒http://shunonuma.com/gtbeginner)

 

エレクトリックギター 超超初心者講座 ~第三回~

 ~シンプルな右手と左手のエクササイズ~

 

さて、第三回、やっていきましょう。

 

これまで、第一回、第二回とやってきて、

なんとなく、気付いているかも知れませんが、

最初は 『両手の運動能力を高める』 ことにフォーカスしています。

 

まあ、手が動かないとギター弾けないですからね笑

 

なのでしばらく、指が、手が自由に動くようになる為の

エクササイズをやっていきます。

 

もちろん、知識やネタとしても「使える」モノを 織り交ぜていこうと思っていますので、

その辺りも注目してもらえれば。

 

前2回はフレーズっぽい事をやりましたが、

今回はまさに『手の運動』という感じのエクササイズです笑

 

単調な分『効く』ので、毎日やっていると効果を 実感できると思います。

 

では、いきましょう!

 

~エクササイズその1~

”硬派な右手のピッキングトレーニング1”

 

一つ目のエクササイズです。

 

とにかく、オルタネイトピッキングを弦に対して安定させる為に、

 

弦の一本一本を丁寧に弾きます。

 

譜例1

1

 

譜例では6、5弦しか載っていませんが、

同じように4~1弦まで弾いてみてくださいね。

 

とにかく、右手で一定時間、

安定してピッキングし続けられる ようになるのが目的です。

 

左手で押さえるコードはEになっていますが、

実際のところ、どのコードでも構いません。

 

今回は例として、6弦から1弦まで使うEのコードで 譜例を作りました。

 

譜例1については、一定時間繰り返し続けてみると わかると思いますが、

結構すぐに手が疲れてきます。

 

ふだん、何気なくやっている動作でも、 長時間安定させるのは、

中々難しいということが 感じられると思います。

 

題名の通り、”硬派な”トレーニングなので、

強い心を持って練習に望んでください笑

 

譜例1の6~1弦間の往復を遅めのテンポで

1分間続けるだけでも、けっこう右手が疲れてくるはずです笑

 

と、1つ目は右手のピッキングに関する地味~な練習でした。

 

では次へいきましょう。

 

譜例2、とにかくオルタネイト!

2

 

 

このフレーズは、とにかくオルタネイトピッキングを 繰り返す練習です笑

 

本当にメトロノームに合わせてただ繰り返してください笑

 

譜例は6、5弦の部分しかのっていませんが、4~1弦まで全部やります。

 

左手はクロマチックスケールの要領で、

1フレットずつ押さえていきます。

 

僕はこれは、フルピッキングの速弾きのトレーニングとして 行っています。

 

テンポは激遅から激速まで、自由に設定してやってください。

 

6~1弦まで行ってから1~6弦まで帰ってくるのを 一まとめにすると、

右手がなかなか疲れます笑

 

なので、出来るだけ力を抜いて、 長く弾き続けられるような弾き方を見つけてくださいね。

 

これについては色々な力の入れ方、抜き方を試行錯誤する必要があります。

 

このエクササイズを毎日数回ずつ続けていると、

ピッキングの安定感が増します。

 

是非基礎トレに組み込んでみてください。

 

では、左手のトレーニングに行きましょう。

 

譜例3、とにかくハンマリング&プリング!

3

 

はい。

 

見ての通り、とにかくハンマリングとプリングを 延々と繰り返します笑

 

気をつけて欲しいのは、リズムが3連符なので、

アタマが7フレットの時と、5フレットの時の 二つの状況がある、ということです。

 

16符音符や8符音符の場合は、 頭の指は変わらないんですが、

3連符にすると交互に入れ替わります。

 

あとはやっぱり、ピッキングの時よりも、 フィンガリングの時はリズムが安定しにくいので、

身体になじむまでは、ゆっくりとしたテンポでやってみましょう。

 

他にもパターンをいくつか載せておきますね。

 

譜例4

4

 

5、6フレットのフレーズ→人差し指、中指

5、7フレットのフレーズ→人差し指、薬指

5、8フレットのフレーズ→人差し指、小指

 

6、7フレットのフレーズ→中指、薬指

6、8フレットのフレーズ→中指、小指

 

7、8フレットのフレーズ→薬指、小指

 

原則として、押さえる指より前の指を使わない場合、

押さえっぱなしにします。

 

(例、6、7フレットのフレーズの場合、人差し指は5フレット、 中指は6フレットを

 押さえっぱなしにする。)

 

これは、余計な指のバタつきを抑える為です。

 

最初は窮屈かも知れませんが、慣れてくると他のフレーズを弾いた時、

効果を実感できると思います。

 

最後に、 こういった、同じようなフレーズを ひたすら繰り返す練習には、僕はタイマーを使います。

 

キッチンタイマーなどでもいいですし、 携帯電話などにも簡単にダウンロードできるでしょう。

 

時間は何でもいいんですが、 僕の場合は大体、1分、3分、5分の3種類が多いですね。

 

手の鈍りを感じたり、重点的に鍛えたい時に、 こういった練習をやります。

 

練習の一番最初にやってもいいかもしれません。

 

あとは、手に無駄な力が入っていると怪我に繋がりますので、

リラックスを心がけてくださいね。

 

実際、ギターを鳴らすのに必要な力加減というのは、 すごく小さなものです。

 

へタすりゃ鉛筆を持つ力くらいかもしれません。

 

まあ、計ったことないのでわかりませんが笑

 

この辺り、動画で解説していますので、 是非チェックしてみてください。

 

では、第三回は以上になります。

 

ありがとうございました!

 

大沼

関連記事

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~