向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

※(旧)エレキギター初心者講座~第二回~

※こちらは古い初心者講座になります。

(難しくてよくわからない、との感想を頂いたので、

 新しい初心者講座を作りました⇒http://shunonuma.com/gtbeginner)

 

エレクトリックギター 超超初心者講座 ~第二回~

 

 

~右手のピッキング、ストロークエクササイズその2~

 

 

 

では第2回、やっていきましょう。 今回も右手のエクササイズです。

まずは単音弾きから。

 

 

ピッキングのダウンとアップを交互に繰り返す、

オルタネイトピッキングのエクササイズです。

 

 

譜例1

 1

 

 

Пのマークがダウンピッキングで、

∨のマークがアップピッキングですね。

 

 

さて、一部、アップ、アップ(∨∨)と、 同じものが続く所があります。

 

 

2,4,6小節目の赤枠で囲った部分です。

2

 

 

この小節の、(∨∨)と続くところは、

間にダウンの空ピッキングが入ります。

 

 

なので、その部分を正確に書くと、 ∨、(П)、∨となります。

 

 

この辺り、動画でも解説しますので、

よく見てもらいたいと思います。

 

 

音を鳴らさない時も、ダウン→アップ→・・・、の 動きをキープする、

即ち、オルタネイトピッキングを続けることは、

リズムの安定につながりますので、慣れておきましょう。

 

 

実際にフレーズを弾く時のポイントは、

 

弦を押さえる→指を離して開放弦を弾く という、

 

一連の流れの中で、

 

押さえていた指を離した後、開放弦を弾いて音が鳴る

 

この間で音が途切れないようにすることです。

 

 

この辺りに気をつけてください。

 

 

ここもやはり、配布する動画で確認してみてくださいね笑

 

 

次に、譜面の最初のコード表記を見てもらいたいんですが、

Amとなっていますよね?

 

 

このフレーズは、Amのコード上で弾くフレーズになっています。

 

バッキングのパターンも一例をあげてみましょう。

 

 

譜例2

3

 

 

前回、動画でちょこっとやりましたが、ロックっぽい、

ブリッジミュートをしながら演奏するスタイルのパターンです。

 

 

ダ、ドッ、ドッ、ダ、ドッ、ドッ、ダ、ドッ、と言う感じで、

強調する部分だけ、ミュートをはずしてコードを鳴らします。

 

 

これも、感じは動画で。

 

 

さて、今回のエクササイズの発展として、譜例2のバッキングの上で弾く、

譜例1のようなフレーズを自由に作ってみましょう。

 

 

今回のAm上で、使える音を以下の図に表しました。

4

 

1弦を赤で囲いましたが、 音名(アルファベット)が書いてある場所の音は、 全部使えます。

 

 

譜例1は1弦だけを使ったフレーズでしたが、

他の弦でも色々試してみてくださいね。

 

 

お遊び感覚で気楽にやってみてください笑

 

 

ちなみに13フレット以降は、1フレット以降と

まったく同じ音の並びにっていますので、

そちらも使ってみましょう。

 

 

さて、今回は以上になります。

 

 

今回は、オルタネイトピッキングのエクササイズと

ロックっぽいバッキングパターンの二つでした。

 

 

超シンプルなプレイですが、

かっこよく弾きこなすには、やっぱり練習が必要です。

 

 

動画も送りますので、 よく見てもらいたいです。

 

 

では、第3回に続きます!

 

ありがとうございました!

 

大沼

関連記事

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~