向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. メジャースケール
  2. 37 view

スケールのメジャーorマイナーの違い

こんにちは、shunです。

 

 

前回の記事までで、メジャーペンタトニックスケールの
5つのポジション全てを覚えたことになります。

 

 

それと同時に、マイナーペンタトニックスケールの
ポジションも全て覚えたことになります。

 

 

形が一緒ですからね。

 

 

前回の記事の最後の方に、やって欲しい事として、
今まで覚えた、Cメジャーペンタトニックスケールの
各ポジションで、A(ラ)から初めてA(ラ)で終わってみる、
ということを提案しました。

 

 

そしてA(ラ)→A(ラ)で弾くと、Cメジャーペンタトニックスケールの
ポジションで弾いていても、 それはAマイナーペンタトニックスケールを
弾いていることになる、 と解説しました。

 

 

この二つ(CメジャーペンタとAマイナーペンタ)は、
ポジションの形がまったく同じなので、
全て同じ音の構成で できていることになりますね。

 

 

違いは弾き始めの音、

Root(ルート)音

違うということです。

 

 

ルート音とは何かというと、

 

その音を基準に、
いろんなこと(コードとか、スケールとか,etc)を
表したり、考えたりする為に、 基準にする音

 

ってことです。

 

 

例えば、

 

Cメジャーペンタトニックスケール だったら、
C(ド)
というルート音を基準に、
メジャーペンタトニックスケールを
考えてますよ~ってことです。

 

 

F#m7(F#マイナーセブンス)って
コードだったら、

 

F#(ファ#)というルート音を基準に、
マイナーセブンスのコードを
形成してますよ~ってことです。

 

 

ま、ルート音って言うのは、単に基準とする音を、
表してると思ってください。

 

 

以前の記事に、一つ一つの理論はのようなもので、
それがつながると一気に理解が深まる、という話をしました。

 

 

さっそく今までの解説で、
Cメジャーペンタを勉強していたら、
実はAマイナーペンタも覚えていた

というような事態になっていますね笑

 

 

それはなぜか?

 

 

そこらへんを、今回から解説していきます。

 

 

で、やっとこさ、メジャースケール(アイオニアンスケール)の

登場です笑

 

それと同時に、ナチュラルマイナースケール(エオリアンスケール)も
解説します。

 

 

この記事の6番にエオリアンスケールも
覚えるよ、って書いてありますね。

 

 

ルート音は、

 

メジャースケールC(ド)で、

 

ナチュラルマイナースケールA(ラ)で、

 

解説します。

 

 

Cメジャーペンタトニックスケールと、
Cメジャースケール。(Cアイオニアンスケール)

 

 

Aマイナーペンタトニックスケールと、
Aナチュラルマイナースケール
(Aエオリアンスケール)

 

 

名前を見ただけで、明らかに、
今まで覚えたペンタトニックスケールと
関係ありまくりですね笑

 

 

ぶっちゃけると、 どちらもペンタに
音を2つ足すだけですし笑

 

 

覚えるのは簡単です。

 

 

なので、そのスケールの 意味を理解しましょう。

 

 

そこを詳しくやっていこうと 思っています。

 

 

というか意味がわかっていないと、
スケールの形を覚えていても上手く使えません。

 

 

さて、では、予習として、
ちょっとコレを弾いてみてください。

 

譜例1
x-2

 

次はコレを。

 

譜例2
x-1

 

どちらもルートは3弦5フレット、C(ド)です。

 

二つの譜例の違いは、ドから数えて3つめの音が、
半音、違うだけですね。

 

 

譜例1は明るい感じですね。

 

 

反対に、譜例2は暗いです。

 

 

メジャー、マイナーの違いとは、言ってしまえば、コレだけです。

 

 

スケールもコードも。

 

ルート音から3つ目の音が、半音違うだけで、
雰囲気がガラッと変わるということを
感じてください。

 

 

では、次回に続きます!

 

 

shun

メジャースケールの最近記事

  1. ペンタトニックスケールとダイアトニックスケールの違いその2

  2. ペンタトニックスケールとダイアトニックスケールの違いその1

  3. アイオニアンスケール(メジャースケール)その12/必須スケール解説

  4. アイオニアンスケール(メジャースケール)その11/必須スケール解説

  5. アイオニアンスケール(メジャースケール)その10/必須スケール解説

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP