向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. ダイアトニックコード
  2. 100 view

ダイアトニックコードのお話その3

こんにちは、shunです。

 

前回の内容は、ルートから見て3番目の音、3rd(サード)が、

コードやスケールのメジャー、マイナーを決定する

というお話でした。

 

ルート音から見て、

2音離れている、M3rd(メジャーサード)を
含んでいるコードやスケールはメジャー系、

1音半離れている、m3rd(マイナーサード)を
含むコードやスケールはマイナー系

でしたね。

 

今回は、ルート3rdときて、次に積み重なる音、
5th(フィフス)のことを解説します。

 

5thとは、文字通り、

ルートから見て、5番目の音

のことです。

 

例えばC(メジャー)のコードだったら、

1、C,ド(ルート)
2、D,レ
3、E,ミ(M3rd)
4、F,ファ
5、G,ソ(P5th)
6、A,ラ
7、B,シ(M7th)
8、C,ド(オクターブorルート)

と、まんま5番目のG(ソ)音の事を指します。

 

もう一つ例として、Key=C時の3つ目の音、
E(ミ)音の上に出来上がるコード、
Emの場合も見てみましょう。

 

1、E,ミ(ルート)
2、F,ファ
3、G,ソ(m3rd)
4、A,ラ
5、B,シ(P5th)
6、C.ド
7、D.レ(m7th)
8、E,ミ(オクターブorルート)

 

E(ミ)音から見ると、5thは、B(シ)音ですね。

 

このように、
基準とする音(今回はルート音)から見て、
5番目の音のことを5thといいます。

 

M3rdとか、P5thとか、インターバル的な音の呼び方は、
前回と、この記事を参考にしてください。

 

 

さて、上の表だと、5thの前にPの文字が着いていて、
P5thという表記になっていますね?

 

呼び方は、パーフェクトフィフスです。

日本語だと完全5度と呼びます。

 

P5thとはなんなのかというと、ルート音から、
3音半(7フレット分)離れた5度のことを言います。

 

・・・。

 

わかりづれえ!!

 

自分で書いてて、わかりづらさに唖然としました笑

 

これだから音楽理論は・・・。

 

ということで図です。

 

5弦ルートから見た3rdと5thの図
1
ルート音から見て、
赤丸がP5th、黄丸がM3rd、青丸がm3rdの位置です。

 

こちらは6弦ルートから見た図

2

P5thはちゃんとルート音から7フレット離れていますね

 

3rdについても、バレーコードのフォームと
照らし合わせてみると、3rdのメジャー、マイナーが
一致していると思います。

 

P5thの「パーフェクト」についてですが、
なにがパーフェクトなのかというと、
これも音の周波数のお話のようです。

 

なんかルート音と周波数的に、綺麗に対比する、とのこと。

↑※ざっくりとした解説です

 

だからパーフェクトなんだそうです。

 

興味のある方は、コレを読んでね!笑

 

パーフェクトな5thがあるって事で、
パーフェクトじゃない5thもあるんですが、
そっちはまた今度解説します。

 

大体5thっていったら、P5thのことを指します。

 

P5thを含むコードやスケールが
大半なので自然にそうなります。

 

今回は上に載せた図をみて、5、6弦のルート音から見た、
メジャー、マイナーの3rdとP5thの場所を覚えましょう。

 

次回は7thのお話です。

 

続きます!

 

shun

 

ダイアトニックコードの最近記事

  1. ダイアトニックコードのお話その10

  2. ダイアトニックコードのお話その9

  3. ダイアトニックコードのお話その8

  4. ダイアトニックコードのお話その7

  5. ダイアトニックコードのお話その6

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP