向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. ピック
  2. 1026 view

ピックの交換時期について

どうも大沼です。

 

メルマガ読者さんから、ピックの交換時期について

『どのくらいで交換したら良いのか?』という質問をもらいました。

 

それについてなんですが、

実はこれは結構”人それぞれ”だったりします。

 

ちょっと削れたらすぐ変える人もいれば、
一定以上削れたもので弾き続けている人もいます。

(※ちなみに僕はすぐ変える方です。)

 

なので「これがいい」というものはないんですが、

取り敢えずの目安として、新品のものと比べて、

ピックの先が1ミリ短くなっていたら、
だいぶ削れている、と思ってください。

 

1ミリというと、数字としては小さいですが、
ピックの全長としては、かなり変わっています。

 

そして弾き心地もだいぶ変わってくるので、

新品のものと弾き比べてみて、
「どのくらいまで削れた状態を許容できるか?」を

判断してみましょう。

 

そうして「自分なりのピックの交換時期」を

決めていくんですね。

 

一応、世間一般では、

「削れたピックで弾き続けていると変な癖がつく」

みたいなことは言われています。

 

そしてこれは、多くの場合で真実だと思います。

(特にタッチやフォームが安定していない、

初心者に近いレベルの場合)

 

ピックの削れ具合に応じてタッチをコントロールできるのならば、
それでも大丈夫なこともあるんですが、最初のうちは、
ベーシックなものに従った方が無難です。

 

癖はついたら後々直すのが大変なので。

 

なので、新品と比べ”明らかに弾き心地が変わった”と

「感じる」ならば、その時はすぐに交換することをお勧めします。

 

では。

 

大沼

 

 

ピックの最近記事

  1. ピックの交換時期について

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP