向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. key(キー)について
  2. 159 view

マイナーキーのお話

7月になりましたね~。どうもshunです。

 

今回から、マイナーキーについてやっていこうと思います。

Key=Amで。

 

Amキーの場合、その曲の主に使われるスケールは、
Aナチュラルマイナスケールですね。

 

最近ずっとそれについてやっていました。

 

Aナチュラルマイナースケールの復習は
こちらの記事からどうぞ。

 

ダイアトニックコードのお話のほうで、メジャーキーの解説はしてあるので、
マイナーキーがわかれば、世のほとんどの曲は分析できるでしょう。

 

では、いきましょうか。

 

まず、この記事の最後にちらっと書きましたが、
平行調(へいこうちょう)という言葉があります。

 

平行調とはなんなのかと言うと、
ざっくり言ってしまえば、

 

とある長調(メジャーキー)と短調(マイナーキー)で使われる構成音が、
まったく同じであるときの、二つの調の関係のこと
です。

 

なんかわかりにくいですね笑

 

実例をあげましょう。

 

このブログではずっと、Cメジャーキー関係と
Aマイナーキー関係のことを解説していますね。

 

その中で、CメジャーペンタとAマイナーペンタ
CメジャースケールとAマイナースケールともに、
構成音がまったく同じでした。

 

と言うことは、Cメジャースケール準拠のCキーと、
Aナチュラルマイナースケール準拠のAマイナーキーの、
二つのキーの構成音もまったく同じなんです。

 

どちらのキーも構成音は、ドレミファソラシ(ラシドレミファソ)の7音です。

 

このような状態の、二つのキー(調)の関係を、平行調と言います。

 

構成音が同じなんで、譜面上の調号も一緒

 

例えば以下の譜例の調号は、Key=Cを表していると共に、
Key=Amをも表しています。

1

 

で、マイナーキーを解説するにあたって、

 

メジャーキーの事を理解していることが必須なので、
今まで散々やってきたのですね。

 

さて、ここまでの解説で、このブログをずっと読んでる読者さんなら、
これからマイナーキーについてどういったことを解説していくのか、
なんとなく予想がつくと思います。

 

では、次回に続きます。

 

shun

key(キー)についての最近記事

  1. マイナーキーのダイアトニックコードのお話

  2. マイナーキーのお話

  3. 耳コピをする時の順序その2

  4. 耳コピをする時の順序その1

  5. Keyのお話その8

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP