向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. ブログ
  2. 438 view

マスターしておきたい、ギター側のボリュームのコントロール

こんにちは、shunです。

 

先日メルマガの読者さんから、

”ギターソロ時のボリュームアップの方法を教えて欲しい”

という質問をいただきました。

 

何種類かぱっと思いつくものを書いて返信したのですが、

その中でも、是非マスターしておきたいテクニックがありますので、

こちらでもシェアしたいと思います。

 

その方法とは、お金も機材もいらず、一番手っ取り早い、
手元(ギター側)のボリュームでのコントロールですね。

 

具体的にどうするのかというと、

まず、手元のボリュームを10(MAX)にした時に、
ソロ時に欲しい音量になるように、アンプをセッティングします。

 

そうして、歌中(バッキング)は手元のボリュームを、
7〜8くらいにして演奏します。

 

で、ソロになったら手元のボリュームを10に上げて、
ソロが終わったら、また7〜8にさげる、というやり方ですね。

 

この方法は一番単純で、慣れると、
いつでも音色とボリュームの調整ができるのがメリットですね。

 

マーシャルなどの、ちゃんとしたチューブアンプでは、
出力(出す音量)を上げ下げすると歪み具合が変わるので、
自在にコントロールできるようになると、弾くのが楽しくなってきます。

 

出力(ボリュームの大小)とタッチ(ピッキングの強弱)で、

結構音が変わるので、色々試してみてください。

 

デメリットは、バッキングとソロで劇的に音色を変えられないことでしょうか。

 

チューブアンプのナチュラルなゲインの変化を利用する方法なので、
例えば、

”バッキングでは純粋なクリーン⇒ソロ時にハイゲインのリードトーン”

と言った、極端な音色変化は望めません。

 

手元のボリュームが10の状態で、クランチ~オーバードライブくらいの歪み加減にした場合、
7~8くらいに下げた時は(ほんのちょっとだけ歪んだ)クリーン~クランチくらいになると思います。

 

この辺は、上手い人はさりげなーくやっているテクニックなので、

できるようになっておくと一目置かれるかもしれません笑

 

では!

 

shun

ブログの最近記事

  1. 新サイトでギター教則本の配布を開始しました。

  2. 新しいサイトを作りました。

  3. フリジアンスケール~その1~/フリジアンの基本理解

  4. 2015年はプレイ面の解説を重視します。

  5. 最近読んで面白かったマンガと、音楽の枠組みのハナシ

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP