向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

ミクソリディアンスケールその3 / ミクソリディアン実践編1

こんにちは、shunです。

 

 

 

 

前の2回の記事では、ミクソリディアンスケールはどういったスケールなのか?

と、いうことを解説してきました。

 

 

 

*復習はこちらの記事からどうぞ

ミクソリディアンその1

ミクソリディアンその2

 

 

 

スケールの構造的には、ミクソリディアンスケールは、

メジャースケールの7音目を半音下げたものでしたね。

 

 

 

 

 

インターバルはこうなります。

 

*ミクソリディアンスケールのインターバル

 

Root(トニック)、M2nd、M3rd、P4th、P5th、M6th、m7th(♭7th)

 

 

 

対応するダイアトニックコードは、Ⅴ7です。

 

ⅠM7、(アイオニアンスケール、メジャースケール)
Ⅱm7、(ドリアンスケール)
Ⅲm7、(フリジアンスケール)

ⅣM7、(リディアンスケール)
Ⅴ7、(ミクソリディアンスケール)
Ⅵm7、(エオリアンスケール、ナチュラルマイナースケール)

Ⅶm7♭5(ロクリアンスケール)

 

 

 

なぜ、ミクソリディアンに対応するコードがⅤ7なのかは、

スケールのインターバルを見ればわかりますね。

 

 Root(トニック)、M2nd、M3rd、P4th、P5th、M6th、m7th

 

このようにトニックから1音おきに音を積み重ねてコードを形成すると、

ドミナント7thのコードが出来上がります。

 

 

 

 

さて、ミクソリディアンスケールの概要を理解したところで、

楽曲で実践していきましょう。

 

 

 

その前に、今回使うポジションを一つ覚えます。

 

 

 

Gミクソリディアンの5弦ルートと3弦ルートのポジションです。

 

 

図1、Gミクソリディアンスケール、5弦ルート、3弦ルートポジション

gミクソリディアン

 

 

赤枠内が5弦ルートとしてみるポジション、

青枠内が3弦にルートを置いた1オクターブのポジションです

 

 

 

さらっと何回か弾いて、覚えてしまいましょう。

 

 

 

 

では、今回の課題曲はこれ。

 

Jeff Beck / Freeway Jam

 

ジェフ・ベックの「フリーウェイジャム」です。

 

 

Gミクソリディアンのこの曲を例に、スケールの具体的な使い方を学びます。

 

 

まずはテーマを弾いてみましょう。

 

1:34~

 譜面

譜面2

 

 

図1のポジション図の周辺でメロディーが作られています。

 

 

 

G7コードのトニックである、3弦12フレットのG音と、

♭7th(m7th)である3弦10フレットのF音を通っていることを

確認しながら弾きましょう。

 

 

では今回はこの辺で!

 

 

次回に続きます!

 

shun

関連記事

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~