向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

ミクソリディアンスケールその6 / ミクソリディアンとマイナーペンタその2

こんにちはshunです。

 

 

 

 

 

前回に引き続き、ミクソリディアンと

マイナーペンタの関係性について

やっていきましょう。

 

 

 

 

前回の記事では、

 

ぜかメジャー系のコードであるドミナント7の上で、

マイナー系スケールであるマイナーペンタトニックが使える

 

ということを解説しました。

 

 

 

今回は、ミクソリディアンとマイナーペンタトニックスケールの

二つのスケールの共通点を考えてみましょう。

 

 

 

 

ではまず、もう一度、指板上で各スケールを把握します。

 

 

 

図1、Gミクソリディアンスケール

Gmixo

 

 

 図2、Gマイナーペンタトニックスケール

Gmpenta

 

 

 

じっくり見てみるとわかると思いますが、

この二つのスケールは構成音の多くが共通しています。

 

 

 

ミクソリディアンのポジション上で、

マイナーペンタのポジションを抜き出すとこうなります。

 

 

図3、ミクソリディアンとマイナーペンタの関係

Gmixo2

 

 

 

赤枠がGマイナーペンタのポジションです。

 

 

 

 

次に構成音を比べてみましょう。

 

 

Gミクソリディアン

G(Root(トニック))、A(M2nd)、B(M3rd)、C(P4th)D(P5th)、E(M6th)、F(m7th)

 

Gマイナーペンタ

G(Root(トニック))B♭(m3rd)C(P4th)D(P5th)F(m7th)

 

 

 

赤字が2つのスケールに共通している音です。

 

 

 

 

Gマイナーペンタの構成音は、

マイナー系であることを決定付けるm3rdの音以外は、

Gミクソリディアンの構成音と全てかぶっていますね

 

 

 

 

 

この、そもそも構成音が近い、と言うのも、

ドミナント7thコード上でマイナーペンタが使える理由の一つになります。

 

 

 

 

図1~3のポジションを弾いてみて、視覚的に二つのスケールポジションを

切り替えられるようにしておきましょう。

 

 

 

インターバル的に、何度の音が同じかを把握するのも大事です。

 

 

 

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

また次回!

 

 

shun

関連記事

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~