向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

ミクソリディアンスケールその8 / ミクソリディアンとブルース

 こんにちはshunです。

 

 

 

 

 

さて、今回からは、

ミクソリディアンスケールとブルース

この関係を解説してきたいと思います。

 

 

 

 

 

前回は、ドミナント7th上でマイナーペンタを使う場合、

どちらかというとブルーススケールを使うという解釈をすべき、

というお話でした。

 

 

 

 

マイナーペンタよりブルーススケールという解釈をするべきなら、

もうブルースをやってしまったほうが理解が早いはずなので。

 

 

 

 

ブルースの事をよくわかってないうちは、

「マイナーペンタで適当にソロを弾けばどうにかなる」

と思っている人が多いように感じます。

(僕は昔そうでした笑)

 

 

 

 

ですがそんなことはなく、しっかりとしたブルースを弾きたいならば、

ちゃんとコード進行にあわせて弾く音を選ぶ必要があります。

 

 

 

 

そして、そうすることによって、

ミクソリディアンスケールの理解も深まるでしょう。

 

 

 

 

ではまず、ブルースのコード進行から。

 

 

 

 

前回の記事では、Gミクソリディアンスケールを弾いていたので、

Key=Gのブルースで行きましょう。

 

 

 

Key=Gのブルースのコード進行は以下です。

 

|G7|  |  |  |

|C7|  |G7|  |

|D7|C7|G7|D7|

 

 

いくつかのバリエーションがあれど、

ブルースといえば基本的にはこのパターンですね。

 

 

 

コードは全て7thコードです。

ミクソリディアンスケールが使えます。

 

 

 

もちろんブルーススケール的なフレーズもアリです。

 

 

 

ちょっとミクソリディアンとブルーススケールの、

二つの要素を混ぜたソロを作ってみたので

弾いてみてください。

 

譜例1Gブルースソロサンプル

 ソロ

 

 

前回の記事で覚えた、以下のポジション周辺で作ってあります。

 

 

図1、Gブルーススケール(Gミクソリディアンスケール+Gマイナーペンタ系)

Gmixo

 

 

 

 G7コード上での、3弦3フレットB♭音から3弦4フレットのB音へハンマリングしている、

ルート音Gに対してm3rd→M3rdの動き。

 

 

4~5小節目のG7→C7の進行時に、

3弦6フレットD♭音→3弦5フレットC音への動き、

Gコードから見て♭5thの音からCコードのルートへの解決など。

 

 

 その辺の音の動きをよく見てみましょう。

 mxo

 

 

 

どちらかと言うと、スケールと言うよりは

コード進行に合わせてフレーズを作っています。

 

 

今弾いている音がコードに対して何度になっているのか?

そこを意識して弾いてみてください。

 

 

 

他には、G7コード上で、G7のブルーノートにあたる、

m3rd、♭5th、m7thをフレーズに入れると、

とたんにブルージィになる感じをつかんでおきましょう。

 

 

 

では今回はこの辺で!

 

 

shun

関連記事

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~