向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. アドリブ
  2. 156 view

ミクソリディアンスケール~その10~/ミクソリディアンとブルース~その3~

どうも、大沼です。

 

前回に引き続き、ミクソリディアンスケールとブルースの関係について
学んでいきましょう。

 

ブルースの基本的なコード進行は、「Ⅰ7」「Ⅳ7」「Ⅴ7」の3種の組み合わせですね。

 

一部、特殊なコードアレンジがされている楽曲もありますが、
大半の曲は、上記3つのコードで構成されています。

 

3つのコードは、全て”ドミナント7th”にあたるコードなわけですが、
『”ドミナント7thコード”に対応するスケールは、ミクソリディアンスケールである』
と言うことを、これまで学んできました。

 

その理屈でいくと、仮にkey=Aのブルースだとするならば、コード進行は以下のようになり、
ソロを弾く場合、それぞれのルートに対応したミクソリディアンスケールを
弾く事になりますね。

 

※解かりやすくする為に、2小節目に4度に上がらないパターンで解説します。

mixo10-1

これはこれで、あながち間違ってはいないんですが、これまでの記事で、
ペンタトニックスケールとの関係性を見てきましたし、実際問題、
こんなスケールアナライズでブルースを弾く人は、あまりいないでしょう。

 

やはりブルースを弾く時は、ペンタで考えるのが一番わかりやすいし、弾きやすい、と。

 

とは言え、闇雲に”ペンタ一辺倒で弾けばいい”というものでもないので、
もう少し詳しく、コードとミクソリディアン、ペンタトニック、それぞれの
関係性を見ていきましょう。

 

ではまず、『Ⅰ7』『Ⅳ7』『Ⅴ7』の3つのコードの一つ目、
『Ⅰ7』についてです。

 

keyは上の譜面と同じkey=Aで。その場合、Ⅰ7はA7になりますね。

 

まず、ドミナント7thであるA7に対応するスケールは、Aミクソリディアンスケールです。

図、Aミクソリディアンスケール重要ポジション
mixo10-2

基本的に、A7のコードの上では、このスケールを使っていれば、
音が外れたりしないので問題が無いわけですね。

 

次にミクソリディアンは、メジャー系のスケールなので、
同じメジャー系のスケールのダイアトニックスケール3種
(アイオニアン、リディアン、ミクソリディアン)と干渉しあわない、
メジャーペンタトニックスケールも使えますね。

図、Aメジャーペンタトニックスケール重要ポジション

mixo10-3

メジャーペンタは、メジャー系のダイアトニックスケールである、
アイオニアン、リディアン、ミクソリディアンから、
それぞれのスケールをそのスケールたらしめる『特性音』が上手く抜かれています。

この記事のポジション図と見比べてみましょう。

 

アドリブソロを練習し始める時に『まずはペンタトニックから』
みたいな事が言われているのは、その辺りが理由です。

 

ペンタでアドリブをとる場合、初期段階として、”とりあえずは”、
『スケールの構成音とコードの関係性を、そこまで気にする必要がなくなるから』
ですね。

 

さて、少し話が逸れましたが、ここまでを纏めると、Ⅰ7のコード上では、
ミクソリディアンかメジャーペンタでソロをとる、と。

 

この2つのスケールで弾いている限り、フレーズを止める音にもよりますが、
まあ、そこまでおかしな事にはなりません。

 

では、最後に、ブルースを弾く時、おそらく、多くの人が使っているであろう、
『マイナーペンタトニックスケール』とⅠ7の関係性を見てみましょうか。

 

メジャー系のコードであるⅠ7の上で、マイナー系のスケールである
マイナーペンタを使うからには、若干の注意が必要です。

 

図、Aマイナーペンタトニックスケール重要ポジション

mixo10-4

 

ここで問題となってくるのは、メジャー系コードであるA7のM3rd、『C#音』と、
マイナー系スケールであるAマイナーペンタのm3rd、『C音』の
2つの音をどうするのか?と、言うことです。

 

ミクソリディアンと、マイナーペンタトニックの両者は、
その1音以外は構成音が被ってますからね。

Aミクソリディアン

mixo10-2

Aマイナーペンタ

mixo10-4

 

なのでC#音とC音の折り合いをつければ、A7のコードの上で、
Aマイナーペンタでソロをとっても構わない、と。

 

で、どうするのかと言うと、以前の記事で、
”ブルーノート”という概念を解説しましたね。

 

A7コードのルート音である「A音」から見て、
Aマイナーペンタに含まれる「C音」はm3rdであり、
”ブルーノートでもある”のです。

 

ならば、”ブルース”で”ブルーノート”を弾くわけですから、
基本的には弾いてもいい、と、言う事になりますね。

 

ですが、メジャー系コードのA7の上で、堂々とm3rdを鳴らすのは、
調性的に少し問題が出てきます。
(聴いた感じとしては、keyから外れているような感じになってくる)

 

じゃあ実際の演奏ではどうするのかというと、

・m3rdをクォーターチョーキングして、音程をM3rdに近づける

・m3rdからM3rdへ、音を移動する(ハンマリングやスライドなどで)

・m3rdを長く伸ばさない

の、3つの手法をとるのです。

mixo10-5

 

具体的な譜例としてはこんな感じ。

mixo10-6

 

”ミクソリディアン”、”メジャーペンタ”、”マイナーペンタ”の3つのスケールを、
全て使ったようなフレーズにしてみました。

 

A7のルート音であるA音から見て、m3rdであるC音をクォーターチョーキングしたり、
半音上の、M3rdであるC#音にハンマリングしたりしていますね?

 

これは一例でしかありませんが、このようにm3rdに対処していきます。

 

重要なポイントとしては、

3種のスケールの構成音と、コードの関係(インターバル)を把握して、
『どれか1つのスケールを選んで使う』ではなく、
『使う音を選ぶ』と言う意識を持って
練習すると良いでしょう。

 

では、今回は以上です。

 

残りのⅣ7とⅤ7については、また次回。

 

ありがとうございました。

大沼

P.S.

大沼がギターについて好き勝手しゃべっているメルマガはこちらから。

*は入力必須です。

氏名* 姓:名:
メールアドレス*
確認用メールアドレス*

 

アドリブの最近記事

  1. アドリブ練習のフレーズ作り~コードトーンからコードトーンへ~

  2. アドリブトレーニングのスタートは構築から

  3. ミクソリディアンスケール~その11~/ミクソリディアンとブルース~その4~

  4. ミクソリディアンスケール~その10~/ミクソリディアンとブルース~その3~

  5. ミクソリディアンスケールその9 / ミクソリディアンとブルースその2

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP