ギタリスト必修のスキルを丁寧に解説。ギタープレイヤーshunのブログ

リディアンスケールその3/リディアンを使うとき

riron1

 

 

こんにちは、shunです。

 

 

 

 

前回の記事で紹介したジョーサトリアーニの曲、

やってみましたでしょうか?

 

 

 

 

リディアンのモードを感じるのに最適な曲なので、

是非、弾いてみてくださいね!

 

 

 

 

さて、今回は、ちょっと理論的な話を。

 

 

 

具体的には、どういったときにリディアンスケールを使うのか?ということです。

 

 

 

 

まず最初に、通常、リディアンを使うシチュエーションとして、

ダイアトニックコードの4番目のメジャーコードの時がありますね。

 

 

 

Key=Cの場合、ダイアトニックコードとダイアトニックスケールの関係はこうなります。

 

1.CM7    アイオニアンスケール(メジャースケールと同じ)
2.Dm7    ドリアンスケール
3.Em7    フリジアンスケール
4.FM7   リディアンスケール
5.G7     ミクソリディアンスケール
6.Am7    エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケールと同じ)
7.Bm7(♭5) ロクリアンスケール

 

 

 

この、Key=CのときのFM7が出てきたら、

その場所をFリディアンで演奏する、というそのまんまの意味ですね。

 

 

 

 

これは、例えば、Cm7→Am7→FM7→G7と言ったようなコード進行があって、

FM7の場所でピンポイントでFリディアンにスケールを切り替えろ、という話ではありません

 

 

 

 

上記のような進行が出てきたら、まずほとんどの人は、

主にCメジャーペンタかCメジャースケールを使ってソロを弾くでしょう。

 

 

 

ダイアトニックコードとスケールの関係上、それで対応できますからね。

(*Cメジャースケールの構成音=Fリディアンスケールの構成音だからです)

 

 

 

じゃあ、結局、リディアンスケールを単体で使う、

“ダイアトニックコードの4番目のメジャーコードの時”というのはどういう時のことをいうのか?

 

 

 

 

それは要するに、メジャーセブンスコード一発の時のことをいいます。

 

 

 

 

 

前回の記事でやった、サトリアーニの曲のことを思い出してください。

 

 

 

 

あの曲のコード進行は最初にCM7が8小節続きますね?

 

 

 

最初にメジャーセブンスのコードが出てくると、ⅠM7っぽく見えますが、

そのコードが長く続いている場合、ⅣM7と捉えます。

 

 

 

 

CM7をⅣM7としてみた場合、どのキーがCM7=ⅣM7に当てはまるでしょうか?

 

 

 

 

答えとして、CM7を4番目としてみるならば、GメジャーのキーがCM7=ⅣM7に当てはまりますね。

 

 

*Key=Gのダイアトニックコード

1.GM7    アイオニアンスケール
2.Am7    ドリアンスケール
3.Bm7    フリジアンスケール
4.CM7    リディアンスケール
5.D7     ミクソリディアンスケール
6.Em7    エオリアンスケール
7.F#m7(♭5) ロクリアンスケール

 

 

 

このように、メジャーセブンス一発の進行のときは、

そのメジャーセブンスコードをⅣM7としてみて、リディアンスケールを使います。

 

 

 今回は、メジャーセブンスコード一発の進行でソロを弾くときは、

そのコードのルートをトニックにしたリディアンスケールをつかう、と覚えておいてください。

 

 

次回に続きます!

 

 

shun

 

関連記事

メールマガジン

・本当にギターを楽しむために 必要なこととは?
・音楽理論は必要なのか?
・上手い、下手の差はどういっ た所からでてくるのか?
・効率の良い練習法とは?
様々な視点から、あなたの上達をサポートします。
*は入力必須です。
* 
* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

管理人shun

自画像

音楽、コーヒー、甘いものを愛するギタリスト。

メルマガでの講座やレッスンで、ギタリスト必須のテクニックと知識を指導中。

現在、200人以上の方がメルマガに参加、"分かりやすい"と好評を頂いています。

~プロフィールはこちらから~

開講中の無料ギター講座

配布中の無料ギター教材

試奏マニュアル
7つの理由
なぜギター上達に差が出てしまうのか?
shunの独断と偏見で語る音楽論














スポンサードリンク

ページ上部へ戻る