向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. ブログ
  2. 1 view

僕がこのブログを書く理由

どうも大沼です。

 

今日は出先なので、携帯からの更新です。

 

自分のパソコンに触れないと出来ないことも結構あるので、

 今回は、『なぜ僕がこのブログを始めたのか?』

について書いていきたいと思います。

 

このブログでは、スケールやコード、Keyについてなど、
ギターを演奏するにあたって、必須であろう知識を解説していますね。

 

巷には、音楽理論書っていっぱいあるじゃないですか?

 

僕も結構持ってますし。

 

で、その市場に出回っている理論書で、

“初心者がその本だけを読んで”

理論がしっかり理解できるものってあんまりないんですよ。

 

いや、もちろんちゃんとわかる様には書いてあるんですよ。

 

でも、ギターとかベースを始める人の多くは、

“その楽器を始める=音楽を始める”

っていう人がほとんどだと思うんです。

 

なんせ僕がそうですからね。

 

14歳でギター始めるまで、音楽に触れる機会なんて
学校の音楽の授業くらいなわけですよ。

 

そんな、ほぼ人生で始めて音楽に触れる、
産まれたての子鹿のような僕らには笑
市販の理論書の解説は、敷居が高いなーと

思うことが多いんです。

 

少なくとも僕はわかりませんでしたからね笑

 

高校生の時、「なんか必要そう」と思い立って、
理論を勉強し始めましたが、さっぱりでした。

 

なので取り敢えず丸暗記ですよ。

 

ドレミファソラシドは「めじゃーすけーる」と呼ぶらしい。

とか、

CM7は「とにっくこーど」にあたるらしい。

とか。

 

誰も教えてくれる人いないし、ちょー非効率。

 

その覚えたことの意味がわかったのは、
専門学校入ってからでしたからね。

 

で、専門で授業受けてると、ワケもわからず覚えていたことを、
使う機会がくるんですよ。

 

「あ、あんときのアレじゃん!」って。

 

その瞬間といったら、そりゃー結構な知的快感ですよ笑

 

人間ってそうじゃないですか。

 

分からなかった事がわかった時。

出来なかった事が出来る様になった時。

 

すんごい楽しいじゃないですか笑

 

なんか、RPGですげー強いボスを倒した時のような。

 

で、自分がわかったとき楽しかったんで、
こんなんあったらいいなー、って思ってた、

 

“音楽理論や知識の覚え方、実践の仕方を
極力わかりやすく解説したもの”

 

を作ろうって思ったんです。

 

その結果がこのブログです。

 

「俺が欲しかったんだし、同じように、
  世の中にも欲しいと思ってる人がいるだろう!」

 

という、単純明快な理由笑

 

だって、わからないから楽しくないわけで、
スラスラわかったら楽しいに決まってるじゃないですか。

 

あと理論とか知ってると本当に便利ですし。

 

耳が育てばバンドスコアとかいらないですからね。

 

とまあ、そんなことを考えながら、このブログを書いています。

 

僕のブログを読んでいる人が、
5年後、10年後、スゴいギタリストになっている姿を
日々妄想しています笑

 

ではまた!

大沼

 

ブログの最近記事

  1. 新サイトでギター講座を公開し始めました。

  2. 新しいサイトを作りました。

  3. フリジアンスケール~その1~/フリジアンの基本理解

  4. 2015年はプレイ面の解説を重視します。

  5. 最近読んで面白かったマンガと、音楽の枠組みのハナシ

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP