向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. ブログ
  2. 2 view

明けました。学習の楽しさと共に。

どうも、大沼です。

 

年が明けて、もう4日ほど経過しましたね。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

そういえば、僕の年越しは、
ちょうど冷蔵庫に入っていた坦々面を食べながら、でした。

 

「年越し蕎麦」ならぬ、「年越し坦々面」と言うことで、
ラー油の辛味とゴマの風味に包まれながら、2015年を迎えました。

 

果たして今年が、僕にとって、そんなスパイシーで香ばしい年になるのかは
わかりませんが、何はともあれ、今年もよろしくお願い致します。

 

さて、話は変わりますが、大晦日にメルマガの読者さん向けに
とあるレポートを書いたのですが、ブログでも公開しようと思います。
↓↓
http://www.shunonuma.com/report/concentration.pdf

 

題して、

『集中力を極限まで高めて、3倍のスピードでギターが上達する練習法』

です。

 

練習する時の集中法について語っています。よろしければ、どうぞ。

 

さてさて、僕自身、普段メルマガやブログで偉そうなことを言っているので、

『ギタリストとしての?意識高い系?を自分で実戦しなくては!』

と笑、年末年始は実家にも帰らずに、ギターの練習と音楽の勉強をしていました。
(まだ年始も良いとこですが)

 

世間一般からみたら、「さびしいヤツだな」と思われるのかも知れませんが、
好きなことやってるんでめっちゃ楽しいですからね。

 

まあ何をやるかは人それぞれなので、家族と過ごしたり、友人や恋人と遊んだり、
自分のやりたい事を好きやるのが良いと思います。

 

人間、やりたい事をやれるのが一番ですからね。

 

と、言うことで、今回は『自分のやりたい事』と、
『学習、勉強』についてちょっとした雑感を。

 

このブログの読者さんは、学習意欲の高い人が多いので、
僕としては非常に嬉しいんですが、なんだか世間では、『学習』とか
『勉強』と言う言葉を聞くと『うえー・・・』となる人が多いように思います。

 

やっぱりあれですかね。

『学習、勉強=学校の授業』みたいな認識なんでしょうか。

 

まあ、イメージがそうなんだったら、
テンションダダ下がりになるのもわかりますけど。

 

でも、僕にとっての、「学習」や「勉強」の定義っていうのは、

『自分の好きなこと、興味のあることを深掘りすること』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんですよね。

 

これって明らかに楽しいじゃないですか?

 

レポートの「集中」の話じゃないですけど、好きなことやっていると、
あっという間に時間が過ぎていきますし。

 

これは日本の教育の弊害だと思うんですが、基本的に僕達は、

『やれ、と言われたことを、出来るだけ上手くやれるような人になる為の教育』

をされていると思うんですよね。

 

でも、それだと、その「やれ」と言われた事が、たまたま自分の好きなことや、
興味のあることと一致していたら良いんですが、多くの場合そうではないので、
学習、勉強のイメージがどんどん悪くなってしまいます。

 

やはり『ギターが上手くなりたい』と、向上心をもって、
日々生きている我々としては、

『自分で自分が学ぶべきことを、見つけていかなければいけない』

と思います。

 

このように『学ぶべきことを見つけるんだ!』みたいな事を言うと、
なんだか面倒な感じがするかもしれません。

 

ですが、別になんの事はなくて、

『興味のあること、好きなこと、やりたい事やろうよ』

って話です。

 

ギターで言うならば、

ロックが好きならロックを沢山やれば良いし、
ブルースが好きならブルースをやれば良いし、
ジャズならジャズ、ポップスならポップス、

 

と、ただ好きなアーティストやバンドの曲をやるだけですからね。

 

そうやって、「自分にとっての大事なもの」を『深堀り』していく事を、
僕は『学習、勉強』だと思っています。

 

好きなことをやっていたら当然楽しいですし、結果、
多くの時間をそこに費やし、自分のレベルもアップするので、
一番、成長が実感できるはずです。

 

そしてやっぱり、人間の行動のモチベーションとして最も強いのは、

『自分が成長している実感』
~~~~~~~~~~~~~

なのではないでしょうか?

 

僕が中学2年の時、授業が非常にわかりやすくて、人間的にも生徒から人気のある
数学の先生がいたのですが、その先生の授業を受けている年は、
数学の教科だけ、クラス全体が成績あがってましたからね。
(他の教科では、ばらつきがありました)

 

僕はもともと、数学が嫌いではありませんでしたが、
その先生の授業が明確に「楽しみ」でしたから。

 

普通、つまらなくなりそうな学校の授業が「楽しみになる」って、
これって結構、凄いことですよね。

 

やはりそのような、

『自分の理解が進み、成長している実感』

を、ダイレクトに感じられる環境があると、
人間、どんどん前に進んでいけるんだな、と、思います。

 

年が明けた、1/1の深夜1時ごろ、

『なんで俺、ブログやメルマガやろうと思ったんだっけ?』

と、改めて、スタート時の事を思い返してみると、自分が学んで、
理解できて、それがギターで弾けるようになった時の快感や楽しさを、
皆で共有したかったから、なんですよね。

 

そうして、色々と記事を書いたりしていったら、

「今までわからなかった事が、やっとわかりました!」

みたいな返信が来るようになって、それでなんだかんだ、
今まで続いているワケです。

 

なのであなたや、他の読者さんたちが、

『自分の成長を実感できる、その成長をサポートできる環境』

であるような、講座やメルマガをこれからも書いていきたい、
と思っています。

 

それでは、繰り返しになりますが、2015年もよろしくお願い致します。

 

では、また。

 

大沼

 

ブログとはちょっと違うことを話していたりするメルマガはこちらから。↓↓

メールマガジン参加フォーム

*は入力必須です。

 

氏名* 姓:名:
メールアドレス*
確認用メールアドレス*

 

登録から15分以内に、自動返信メールが送られてこない場合は、
 迷惑メールボックスに入っている場合がありますのでご確認ください。
 
迷惑メールボックスにも返信メールが入っていない場合は、
 サーバーにブロックされている可能性がありますので、
 別のアドレスでの再登録をお試しください。
 
携帯電話のメールアドレスでは、一部メールが届いていないことを
 こちらで確認しています。可能な限りPCのアドレスか
 スマートフォンのアドレスでご登録ください。

ブログの最近記事

  1. 新サイトでギター教則本の配布を開始しました。

  2. 新しいサイトを作りました。

  3. フリジアンスケール~その1~/フリジアンの基本理解

  4. 2015年はプレイ面の解説を重視します。

  5. 最近読んで面白かったマンガと、音楽の枠組みのハナシ

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP