向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

ドリアンスケールその4 / Am一発でセッションについて

こんにちは、shunです。

 

 

前回の記事に引き続き、ドリアンスケールについてやっていきましょう。

 

 

これ知ってると、初対面のミュージシャンと

サッとセッションが始められるので、

覚えておきましょう。

 

 

さて、前回までやってきたことは、

“ドリアンスケールそのものを覚えて、

使うべきシチュエーションで使ってみよう”ってことでしたね。

 

 

 

その、”ドリアンスケールを使うべきシチュエーション”は、

Am一発のコード進行とAm7→D7のループ、この2つでした。

 

 

 

正確に言うと、一つのマイナーコードが長く続く時(Am一発など)

メジャーキーのツーファイブにあたるループ(Am7→D7など)の時です。

 

 

 

そのあたり詳しく解説していきましょう。

 

 

 

 まずは、Am一発など、一つのマイナーコードが長く続く時。

 

 

今回はバッキングでAmがずーっと鳴っているとします。

 

 

その上でソロをとる場合、どんなスケールが使えるかわかりますか?

 

 

選択肢としては、

 

Aマイナーペンタトニックスケール

Aナチュラルマイナースケール(エオリアンスケール)

 

 あたりがまず出てきます。

 

 

コードがAmなので、マイナー系のスケールが使えることになりますね。

 

もちろんAドリアンスケールも使えます。

 

 

 

その解釈で言うと、結構いろんなスケールが使えることになるんですが、

スケールの構成音的にあまり安定しないスケールは、使い方が難しいのです。

 

 

要するに、Am一発のときに、そのあまり安定しないスケールを使うと、

単なるミスっぽく聞こえる可能性が高い、ということです。

 

 

なので、マイナーコード一発のセッションのときに、

まずソロで使うべきスケールとして、

 

Aマイナーペンタトニックスケール

Aナチュラルマイナースケール(エオリアンスケール)

Aドリアンスケール

 

の3つがあがるんですね。

 

 

正確には、ナチュラルマイナースケールはあまり使いませんが・・・。

 

 

なぜかと言うと、ナチュラルマイナースケールに含まれる、

m6thの音が、Amコードの機能を邪魔するからです

 

 

なので、ナチュラルマイナースケールを使うと言うよりは、

マイナーペンタ+9thと捉えた方が演奏しやすいでしょう。

 

 

図を載せますね。

 

図1、Amペンタ+9th重要ポジション

am9

 

赤の×がm6thで、青の○が9thです。

 

 

マイナーペンタに9thを加えると、グッと大人っぽくなるので、

マイナーペンタだけで弾いている時と、雰囲気を変えたりするのに使えます。

 

 

次にドリアンなんですが、今まで解説してきた通り、

M6thを強調すると、ドリアンの雰囲気が強くでます。

 

 

図2、Aドリアン

AD

 

赤の曲線で示した、M6th(F#)とm7th(G)

青の曲線で示した、9th(B)とm3rd(C)、

ここの半音をコントロールするとかっこよくなります。

 

 

以上のことをふまえてまとめると、現実的には、

Am一発のセッションでまず考えるべきスケールは以下のようになります

 

1、Aマイナーペンタ

2、Aマイナーペンタ+9th(図1)

3、Aドリアン(図2)

 

 

他にも考えられるアプローチはありますが、

まずはこの3つからマスターしてきましょう。

 

 

 

では今回はAm一発の解説でした。

 

次回、Am→D7についてやっていこうと思います。

 

 

shun

関連記事

メールマガジン

現在配信中のギター教材ダウンロードはこちらから

*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
アドレス確認用* 

もう一つのギターサイト

バナー

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

~使用機材など~