向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

ドリアンスケールその5 / Am7→D7のコード進行

こんにちは、shunです。

 

 

前回に引き続き、ドリアンでございます。

 

 

Am一発の解説の次は、

Am7→D7の進行(のループ)についてやっていきましょう。

 

 

 

この二つはセッションの鉄板進行なんで

覚えておいてくださいね。

 

 

結局のところ前回のAm一発でも、今回のAm7→D7でも、

ソロでまず使うスケールとしてあがるのは、

 

1、Aマイナーペンタ

2、Aマイナーペンタ+9th

3、Aドリアン

 

の3つになります。(*スケールの詳しくは前回の記事で)

 

 

Am→D7のセッションは、Am一発のバリエーションのようなものなんです。

 

 

ただ、Am一発の時は、いくつか選択肢ができるのですが、

Am→D7だと、基本的にはドリアンモードです

 

 

 

モード(mode)って単語が出てきましたね。

 

 

モード(mode)とはそのままの意味では方法、様式、形態とかそんな意味です。

音楽的には旋法とか訳されます。

 

 

このモードなんですが、音楽をしばらく勉強してる人は、

いつかぶち当たる壁だと思うんですがどうでしょう?

 

 

 

だって意味不明じゃないですか。

 

 

なんだよモードって!って思いましたもん僕。

 

 

 

このへん、理論書の解説は非常にわかりにくいものが多いと感じます。

 

 

 

で、モード(mode)とはなんなのかというと、

今、演奏している曲(主にコード進行)の雰囲気とか状態のコトです。

 

 

 

もうちょっと詳しく。

 

 

 

いま鳴っている、演奏している曲(コード進行)には、それの雰囲気があるんだから、

その雰囲気を壊さないようにあなたも演奏してね、っていうルール付けです。

 

 

演奏者全員での、共通のルール解釈ですね。

 

 

 

Am7→D7の進行はドリアンモードを作りだすので、

 

「今、コード進行の関係でこの曲(このセッション)ドリアンモードなんだから、

ソロ弾くときもドリアンの雰囲気壊さないように弾いてね」ってことです。

 

 

 

コード進行がドリアンの状態、ドリアンの雰囲気、ドリアンの音使いなんだから、

基本的に、演奏者はドリアンモードの演奏をしなきゃならないってことです。

 

 

 

あれ、だんだんわかりにくくなってきたような気もしますね笑。

 

 

 

では、なぜAm7→D7はドリアンモードになるのか?

そのへんみていきましょう。

 

 

 

まず、実はAm7とD7のコードをダイアトニックコードに含むキーは、

Gキー(Emキー)だけです。

 

 

Gキーのダイアトニックコードを見てみましょう。

 

1、GM7

2、Am7

3、Bm7

4、CM7

5、D7

6、Em7

7、F#7(♭5)

 

と、見事にAm7とD7を含んでます。

 

 

さらに各コードにチャーチモードを当てはめるとこうなります。

 

1、GM7 アイオニアン

2、Am7 ドリアン

3、Bm7 フリジアン

4、CM7 リディアン

5、D7 ミクソリディアン

6、Em7 エオリアン

7、F#7(♭5) ロクリアン

 

まだ解説していないスケール(モード)は気にしなくていいです。

 

 

要するに、Am7→D7は、GキーのⅡm7→Ⅴ7のループと解釈できます。

 

 

そして、Gキーのダイアトニックコード、

Am7とD7に対応するスケールがドリアンとミクソリディアン。

 

 

最初にAm7を聞いた時点で、人間はマイナーの感じに耳をとられます。

その後D7が聞こえてくることによって、Gコードに向かうツーファイブ、

Am7→D7であるという感覚になるのです。

 

 

で、Am7→D7→GM7とは進まず、Am7→D7→Am7→D7と、

延々とループするので、Aドリアンのモードが保たれるというわけですね。

 

 

 

実際に試してみて欲しいのですが、Am→D7のループを弾くと、

「マイナー」って感じの暗い雰囲気が続くと思います。

 

 

 

 

ですが、Am7→D7→GM7とコードを進めてみると、

GM7の時点で一気に明るく感じると思います。

 

 

こうなってくると、ソロを弾くなら

Gメジャーペンタとかを使いたくなってきませんか?

 

 

これはGにコードが進んだ時点で、Gメジャーのモード(Gアイオニアンのモード)に

なるからですね。

 

 

というか、コードを実際に耳で聞く前に、

どんなコード進行でセッションするのか把握した時点で、

 

Am7→D7のループならAドリアンだな、とか、

 

Am7→D7→GM7とGまで進むようなら、Gメジャーだな、とか

 

モードがわかる人は、演奏開始前にすでに考えています。

 

 

 

このへんは、実際にそれをやったことがあるかどうか?という

勉強と経験からくるものなので、単に、「やったことがあるからわかる」

「知ってるから知ってる」という状態ですね笑

 

 

さて、長らく解説してきましたドリアンスケール、ドリアンモードの基本も

これでおわりです。

 

 

ほんとにセッションの鉄板進行なので早に覚えておきましょうね。

 

 

ではまた次回!

 

 

shun

 

 

 

 

関連記事

メールマガジン

現在配信中のギター教材ダウンロードはこちらから

*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
アドレス確認用* 

もう一つのギターサイト

バナー

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

~使用機材など~