向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. アドリブ
  2. 31 view

ドリアンスケールその6 / ドリアンスケールまとめ

こんにちはshunです。

 

 

これまで5回にわたってドリアンスケールについて解説してきました。

 

 

今回はまとめです。

 

具体的に覚えるべきことを覚えてしまって、

実際に使ってみましょう。

 

 

復習はこちらの記事からどうぞ。

 

ドリアンスケールその1

 

ドリアンスケールその2

 

ドリアンスケールその3

 

ドリアンスケールその4

 

ドリアンスケールその5

 

 

 あらためてドリアンスケールのポジションを、

ナチュラルマイナースケールとの違いを含めて確認してみましょう。

 

図1、Aナチュラルマイナースケール重要ポジション(6弦ルート)

 Aマイナースケール

図2、Aドリアンスケール重要ポジション(6弦ルート)

Aドリアンスケール

 

 

ドリアンスケールとナチュラルマイナースケールの違いが、

M6thm6thだということを理解しておくのも大事ですね。

 

 

Aドリアンスケールなら、6thはM6th(メジャーシックス)で、F#音。

Aナチュラルマイナースケールなら6thはm6th(マイナーシックス)でF音です。

 

 

 

上の図で確認しておいてくださいね!

 

 

 

もう一つの重要ポジションとして、5弦ルートのポジションも覚えておきます。

 

 

図3、Aナチュラルマイナースケール重要ポジション(5弦ルート)

Aマイナースケール

 

図4、Aドリアンスケール重要ポジション(5弦ルート)

Aドリアンスケール

 

 ここも使いやすいので覚えます。

 

 

ポジションを覚えたら、次はドリアンスケールを使う、

シチュエーションの確認です。

 

 

 

ドリアンスケールを使うべき状況というのは、主に、

 

・Am一発のセッションなど、一つのマイナーコードが長く続くとき

 

・Am→D7といった、ⅠM7に続くツーファイヴのループの進行

 

の二つです。

 

 

ふらっとセッションに行って、上記二つのシチュエーションに出くわしたら、

ドリアンスケールで対応することになります。

 

 

上記シチュエーションでソロをとるときには、

ドリアンのほかにも、まず考えるべきスケールがありましたね。

 

 

それは、

 

・マイナーペンタトニックスケール

 

・ナチュラルマイナースケール

 

の二つです。

 

 

これにドリアンを入れて、まず使うべきスケールとしては、

3つのスケールが候補にあがりますね。

 

 

ナチュラルマイナースケールに関しては、

m6thの音を使うのには、バッキングに左右されるところもあるので、

ナチュラルマイナースケールからm6thを抜いたものと同じ、

マイナーペンタ+9thというアイディアを紹介しました。

 

 

*詳しくはドリアンスケールその4を参考にしてください。

 

 

図5、マイナーペンタ+9th

am9

 

これなら気兼ねなく演奏することができます。

 

 

M6th→m7th、9th→m3rdの半音で接する音を強調すると、

ドリアンな感じが出やすいと言うことも解説しましたね。

 

図6、Aドリアンスケール半音のポイント

ad

 

 

 

これくらいの知識を身につけておけば大概のコトには対応できるので、

さっそく実践してみましょう!

 

 

課題曲は、サンタナの「僕のリズムを聞いとくれ」です。

 

 

この曲は基本的なコード進行がAm→D7の繰り返しの、

コッテコテのドリアン曲です笑

 

 

今までやってきたことがそのまま使えます。

 

 

自由にパラパラ弾いてみて、ドリアンの感じを身体で覚えましょう。

 

 

あと試してもらいたい事として、この曲に合わせて、

Aナチュラルマイナースケールを弾いてみる、ということ。

 

 

おそらくm6thのF音が外れて聞こえると思います。

 

 

そこがドリアンとナチュラルマイナーの違いです。

 

 

ではアドリブを楽しんでください!

 

 shun

 

アドリブの最近記事

  1. アドリブ練習のフレーズ作り~コードトーンからコードトーンへ~

  2. アドリブトレーニングのスタートは構築から

  3. ミクソリディアンスケール~その11~/ミクソリディアンとブルース~その4~

  4. ミクソリディアンスケール~その10~/ミクソリディアンとブルース~その3~

  5. ミクソリディアンスケールその9 / ミクソリディアンとブルースその2

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP