向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. key(キー)について
  2. 95 view

Keyのお話その2

Keyのお話その2、やっていきましょう!

 

前回の記事では、Keyとは、

 


”その曲で基準とする、
音(中心音)と音階(スケール)は
コレですよー”

ということを表したものであり、

 

メジャーキー(明るい雰囲気)の曲と、
マイナーキー(暗い雰囲気)の曲が、

あるという内容でした。

 

 

世の中には”無調性”といった、

 

「Keyにとらわれずに楽曲を作ろう!」

 

というような方法論もあるようですが、
ハッキリ言って、僕は詳しく知りません。笑

 

 

ポピュラーミュージックでは、上記のメジャーキー、マイナーキーを基準に、
転調(曲の途中でKeyを変える事)、もしくは、

部分転調(曲の中で部分的に転調する事)くらいです。

 


転調
などは、曲のアレンジとして重要ですし、コード進行を解析するためにも、
Keyのことはしっかり理解していきましょう。

 

 

前回は、Keyとはなんなのか?という内容でしたが、

 

今回は、

 

曲のKeyがわかると何がわかるのか?

 

といったことを解説していきます。

 

 

まず一つ目、Keyがわかると、

 

トニック(主音)

 

がわかります。

 

 

前回は中心音と書きました。

 

 

要は、その音を基準に曲が構成されてますよ、
っていうことです。

 

 

他の呼び方としては、

 

キーセンター(キーのセンター=中心)とか
トーナルセンター(トーナル=調性の、Keyの、センター=中心)とか

って呼ばれます。

 

 

じゃ何がトニックなのか?

それは、

 

Key=Cだったら、
C(ド)音がトニックです。

 

Key=Cmでも、
C(ド)音がトニックです。

 

この場合の「トニック」とは

 

メジャーキー、マイナーキー関係なく、
そのキーで中心とする1音のコトを言います。

 

 

1音鳴らしただけでは、その曲のキーが明るいのか、暗いのか、
わかりませんからね。

 

 

ちょっとやってみてほしいんですが、例えば、2弦1フレットのC(ド)音を
鳴らしてみてください。

 

 

それだけでは、ただのドですね。

 

 

明るいも暗いもありません。

 

 

では次は、C(ド)音を鳴らした後、

2弦5フレットのE音(ミ)を鳴らしてみてください。

 

今度は、なんだか明るい雰囲気に感じられるはずです。

 

 

次にまた同じように、C(ド)を鳴らした後、
今度は2弦4フレットのE♭音(ミ♭)を鳴らしてみてください。

 

 

今度は暗い感じに聞こえるはずです。

 

 

このように、トニック1音だけでは、メジャーキーか、マイナーキーか、
判別することはできません。

 

 

ということで、今回は、

 

トニックとは、

 

「Key=○」もしくは「Key=○m」の
○の音の事を言ってるんだ

 

ということを、覚えてください。

 

 

新しい用語が沢山出てきたので、じっくりやっていきましょう。

 

 

次回に続きます!

 

 

shun

key(キー)についての最近記事

  1. マイナーキーのダイアトニックコードのお話

  2. マイナーキーのお話

  3. 耳コピをする時の順序その2

  4. 耳コピをする時の順序その1

  5. Keyのお話その8

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP