向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド / Intelligence & Emotional Guitar

  1. key(キー)について
  2. 70 view

Keyのお話その7

さて、今回はひっさしぶりに
Keyの解説です。

 

というか、もともと、調号からのKey判別法
解説し終わって、次にコード進行からの
Key判別法を覚えましょう!って話でしたね。

 

それに伴い、
ダイアトニックコードのことやらなんやら、
必要なことをやっていたら

結構な記事数になってしまいました笑

 

こちらのページに記事がまとめてありますので
復習にどうぞ!

 

では、ダイアトニックコードの
基礎知識を得たところで、
それをKey判別にどう生かしていくのか?

 

その辺やっていきましょう。

 

まず、Key判別において、
真っ先にやらなければならないこと、
それは、

ⅠM7を探すこと

になります。
(メジャーキーの場合)

 

なぜなら、そのままそのコードが
Keyを表しているからです。

 

ⅠM7がCM7なら、Key=Cですし、

ⅠM7がA♭M7なら、Key=A♭です。

 

Keyに対して一番落ち着く、
トニックをルートにしたコードが、
曲のKeyを表しています。

 

じゃあⅠM7は、どうやって見つければいいのか?

 

聞き取ってください笑

 

いや、もーそれしかないんです笑

 

だってコード進行でのKey判別って、
譜面やスコアが無い時の方法ですからね。
(Keyを判別するという観点から見た場合)

 

譜面とか手元にあったら
そこに全部書いてありますし。

 

その耳コピ行為を、スムーズに行えるよう補助するのが、
今までやってきた、ダイアトニックコードの基礎知識です。

 

曲を聴く
→いくつかコードを聴き取る
→そのコードからKeyを予測する
→予測したKeyのダイアトニックコードを元に残りを聴き取る
→予測したKeyが間違っていたらまたいくつかコードを聴き取る
→以下ループ

耳コピとは、上記行為のくり返しです。

 

なんだか大変そうだなー、って思うかもしれませんが、
ほとんどの曲は、全体の70%以上が
その曲のダイアトニックコードで出来ているので、
慣れればそれほどでもありません。

 

で、コードを聴き取る方法として、
具体的にどうするのかというと、
多くの場合、まずはベースを聴きます。

 

なぜならベースは、そのコードのルート音を中心に
ベースラインを組み立てている(事が多い)から
です。

 

ベーシストがラインを組み立てるときに使う音は、
そのコードの
ルート、3rd、5th、7th
大半を占めます
。(普通の歌モノとかなら)

 

ルート、3rd、5th、7thがわかれば、
そのコードがなんなのかはわかりますよね?

 

たとえば、ベースラインが、C音、G音を使っていたら、
そのコードはCなんちゃらである可能性が高いです。
(Cコードに対してC音はルート、G音はP5th)

 

具体的には、C、Cm、C7などが、
候補にあがります。

 

ベースやギターから音を採って、
そのコードがCもしくは、CM7であったならば、
その曲は、Key=CかKey=Gかなー?
と予測が立てられます。

(CM7は、Key=CのⅠM7、Key=G時のⅣM7である可能性が高い)

 

もちろんベースラインだけではなく、
ギターや鍵盤楽器など、聞こえてくるもの全てを使って、
曲を分析していきます。

 

ベースから聴き取るのはあくまで一例です。

 

このように、予測の補助として非常に便利なのが、
ダイアトニックコードなどの知識になります。

 

さて、今回はここまでにして、
次回、もうちょっとKey判別について
つっこんだ部分をやっていきましょう。

 

ではまた!

 

shun

key(キー)についての最近記事

  1. マイナーキーのダイアトニックコードのお話

  2. マイナーキーのお話

  3. 耳コピをする時の順序その2

  4. 耳コピをする時の順序その1

  5. Keyのお話その8

関連記事

合計1007Pの教則本が今なら無料

教科書プレゼント

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

もう一つサイトを運営しています。

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP