向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

タグ:ミクソリディアンスケール

マイナーペンタの♭5の位置は、メジャーペンタから見るとm3rdの位置になる ~その2~

どうも、大沼です。 またまた、前回の続きです。 前回は、 マイナーペンタの時トニックから見て♭5にあたる音は、 リラティブメジャーのトニックから見るとm3rdになる、 と言う…

詳細を見る

ミクソリディアンスケール~その12~/ミクソリディアンとブルース~その5~

どうも、大沼です。 長らく続いてきた、ミクソリディアンスケールの解説も今回で終わりです。 これまで、key=Aのブルースを題材に、Ⅰ7であるA7と、 Ⅳ7であるD7のコード上でどんなロジ…

詳細を見る

ミクソリディアンスケール~その11~/ミクソリディアンとブルース~その4~

どうも、大沼です。 ”ミクソリディアンとブルース~その4~”始めていきましょう。 前回は、key=Aのブルースで「Ⅰ7」にあたるコード、「A7」の上で、 どんなスケールを使ってソロをとる…

詳細を見る

ミクソリディアンスケール~その10~/ミクソリディアンとブルース~その3~

どうも、大沼です。 前回に引き続き、ミクソリディアンスケールとブルースの関係について 学んでいきましょう。 ブルースの基本的なコード進行は、「Ⅰ7」「Ⅳ7」「Ⅴ7」の3種の組み合わせです…

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその9 / ミクソリディアンとブルースその2

こんにちは、shunです。 今回もミクソリディアンスケールとブルースの関係を 勉強していきましょう。 前回の記事では、どちらかと言うと マイナーペンタよ…

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその8 / ミクソリディアンとブルース

 こんにちはshunです。 さて、今回からは、 ミクソリディアンスケールとブルース、 この関係を解説してきたいと思います。 …

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその7 / ミクソリディアンとマイナーペンタその3

こんにちはshunです。 ミクソリディアンとマイナーペンタ、 まだまだ続きます。 …

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその6 / ミクソリディアンとマイナーペンタその2

こんにちはshunです。 前回に引き続き、ミクソリディアンと マイナーペンタの関係性について やっていきましょう。 &n…

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその5 / ミクソリディアンとマイナーペンタ

こんにちはshunです。 前回はベースラインを例に、 使う音を少し変えるだけで雰囲気が結構変わる、 と言うことを解説しましたね。 &nb…

詳細を見る

ミクソリディアンスケールその4 / たった一音で結構変わる

こんにちは、shunです。 前回の記事から、ジェフベックの曲を使って、 スケールの実践編に入りました。 &…

詳細を見る

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~