向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

タグ:音楽理論

ロクリアンスケール~その2~/ロクリアンスケールの要素と色々な関係性

どうも、大沼です。 引き続き、ロクリアンスケールについて学んでいきましょう。 前回の記事では、 やたらとダークすぎるロクリアンの雰囲気を感じてみたり、 重要なポジションを2つほど覚えた…

詳細を見る

ロクリアンスケール~その1~/ロクリアンスケールの基本理解

どうも、大沼です。 前回の記事で、フリジアンスケールの解説が終わりました。 スケールそのものの基本的な部分をちゃんと理解して、 実戦フレーズをじっくり弾いてもらえれば、あの、 スパニッ…

詳細を見る

フリジアンスケール~その3~/フリジアンの響きを感じる実戦フレーズ

どうも、大沼です。 前回、前々回に引き続き、フリジアンスケールについて学んでいきましょう。 これまでの記事で、フリジアンの基本的な構造は、ほぼ解説しました。 なの…

詳細を見る

フリジアンスケール~その2~/フリジアンの重要ポジション

どうも、大沼です。 前回の記事に引き続き、「フリジアンスケール ~その2~」 と言う事で、やっていきましょう。 今回は、フリジアンスケールの 『覚えておくべき重要ポジション』 …

詳細を見る

フリジアンスケール~その1~/フリジアンの基本理解

どうも、大沼です。 少し前の記事で、「スケール解説はひと段落した」とお話しましたが、 まず覚えたい12のスケールにもあるように、 まだいくつか主要スケールが残っていますね。 今年は実戦…

詳細を見る

2015年はプレイ面の解説を重視します。

どうも、大沼です。 今回はタイトルにもある様に、このブログの 『今年(2015年)の方針』 についてお話してみたいと思います。 これまで…

詳細を見る

最近読んで面白かったマンガと、音楽の枠組みのハナシ

どうも、大沼です。 最近、『ブルージャイアント』と言う漫画にハマっています。 この漫画との出会いは、ある日、ふと立ち寄った本屋で、 サックスを持った主人公が表紙の1巻を見つけたのが始まり…

詳細を見る

アドリブトレーニングのスタートは構築から

どうも、大沼です。 今回はタイトルにもある様に、 『アドリブのスタート段階での練習法』 について、考えていきましょう。 僕のブログやメルマガの読書さんには、 『アドリブ(…

詳細を見る

ミクソリディアンスケール~その12~/ミクソリディアンとブルース~その5~

どうも、大沼です。 長らく続いてきた、ミクソリディアンスケールの解説も今回で終わりです。 これまで、key=Aのブルースを題材に、Ⅰ7であるA7と、 Ⅳ7であるD7のコード上でどんなロジ…

詳細を見る

ミクソリディアンスケール~その11~/ミクソリディアンとブルース~その4~

どうも、大沼です。 ”ミクソリディアンとブルース~その4~”始めていきましょう。 前回は、key=Aのブルースで「Ⅰ7」にあたるコード、「A7」の上で、 どんなスケールを使ってソロをとる…

詳細を見る

メールマガジン

現在配信中のギター教材ダウンロードはこちらから

*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
アドレス確認用* 

もう一つのギターサイト

バナー

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

~使用機材など~