『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. key(キー)について
  2. 772 view

Keyのお話その8

さて、続いてやっていきましょう。

 

コード進行からのKey判別法の続きです。

 

前回は主に、ベースラインを聴き取って
コード進行を分析してみよう、と言うお話でした。

 

今回は、その他の、Key判別の参考にするべき
ポイントを考えてみましょう。

 

まず一つ目は、
その曲の一番最初のコード

これが1度に当たるコード(ⅠM7orⅠm7)で
あることも多いです。

 

あくまで多いというレベルなので、
違うことも結構あります。

 

体感としては50~80%くらいでしょうか?
ジャンルにもよりますね。

 

二つ目は、

その曲の最後のコード

これも1度に当たるコード(ⅠM7orⅠm7)
である可能性が高いです。

 

最後なんで、落ち着いたコードに
解決するわけですね。

 

こっちの方が、曲頭のコードより、
トニックコードであることが多いような気がします。

 

もちろんこちらも
1度に解決しないこともあります。

 

三つ目、

Ⅴ7⇒ⅠM7(orⅠm7)の進行

これは、最近解説していた、
ドミナント→トニックの進行ですね。

 

Keyに対して、
不安定なコード(ドミナント)
→安定したコード(トニック)

と鉄板の進行なので、
Ⅴ7の後には、トニックである
ⅠM7(orⅠm7)が来ることが多い
です。

 

このⅤ→Ⅰの進行の事を、
ドミナントモーションと言います。

 

このドミナントモーションという単語は
結構便利なので覚えておきましょう。

 

意味としては、単純にⅤ→Ⅰの進行を
表していると思ってもらって構いません。
(厳密にはちょっと違いますがその辺は後々)

 

さて、Keyを知りたい時、1度のコードがわかれば、
Keyが何なのかわかりますよね?

 

この辺もう少し解説してみましょうか。

 

この記事でちょこっと書きましたが、
ツーファイブワン(2-5-1)とか、いちろくにーごー(1-6-2-5)
とかっていうのは、Keyに対しての
ダイアトニックコードのインターバルのことです。

 

考え方は単純。

 

ツーファイブワン(Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ)なら、
その数字のダイアトニックコードを
当てはめてみればいいのです。

 

Key=Cで考えてみましょう。

 

ツーファイブワンなので、
Ⅱ度、Ⅴ度、Ⅰ度の
コード進行の事を表しています。

 

Cキーなら、
Dm7→G7→CM7の進行になりますね。

*Key=Cのダイアトニックコード一覧
Ⅰ、C(CM7)/トニック
Ⅱ、Dm(Dm7)/サブドミナント
Ⅲ、Em(Em7)/トニック
Ⅳ、F(FM7)/サブドミナント
Ⅴ、G(G7)/ドミナント
Ⅵ、Am(Am7)/トニック
Ⅶ、Bm(♭5)(Bm7(♭5))/ドミナント

 

Key=C時のⅡm7であるDm7は、ⅣM7であるFM7と
サブドミナントコードの代理関係にあります。

 

なので、
ツーファイブワンと言う進行は、
サブドミナント→ドミナント→トニックという
自然な進行
なワケですね。

*サブドミナントなどの解説は、
この記事のリンクなどからどうぞ。

 

イチロクニーゴーとかもおんなじです。

 

メジャーキーの場合なら、
ⅠM7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7のことですね。

 

Key=Cだと、
CM7→Am7→Dm7→G7(→CM7)
という進行のコトを表しています。

 

トニック→トニック→サブドミナント→ドミナント(→トニック)

 

といった自然で力強い流れです。

 

このイチロクニーゴーは循環コードと呼ばれます。

 

正確には、イチロクニーゴー=循環コードではなく、
“トニック→色々な進行→トニック”の流れが循環していれば

循環コードなんですが、まあ、だいたい循環コードって言われたら
イチロクニーゴーのことを指しますね。

 

その辺は臨機応変に対応してください笑

 

さて、今やっているのはKey判別のお話でしたね。

 

ツーファイブとかイチロクニーゴーみたいな進行が、
結局、Key判別にどう役立つのか?というと、

 

もうその進行が出てきたらKeyなんてわかりますよね?

っていう話です笑

 

曲を聴き取っていて、
Dm7→G7→CM7といったコード進行が出てきたら、
「あーはいはいKey=Cね」ってなりますし笑

 

Bm7→E7→AM7って進行が出てきたら、
高い確率でその曲はKey=Aです。

 

もちろんいろんなアレンジがあるので、
例外も多々ありますが。

 

では、今回のまとめです。

 

主なKey判別の方法

・最初のコード
・最後のコード
・ツーファイブなど定番進行から読み取る
基本的にはこの三つです。

 

この三つを基本に、曲のアレンジとしての
転調、部分転調があったりなかったりします。

 

ですが、転調するにしても転調先のキーの、
ツーファイブを経由することがほとんどですし、
今まで解説してきた基礎を押えておけば、
それほど理解に時間はかからないと思います。

 

さて、ながーーーーーーいことやってきた、
Key=CとCメジャースケールを基本にした解説も、
今回で終了です。(たぶん)

 

なぜ、散々Cメジャースケールで
解説してきたかって言うと、一番わかりやすいからです。

 

基本的に#や♭が出てこないですしね。

 

とは言いつつも、今後もCメジャースケールは

基準として沢山出てくるんですが笑

 

次回からはマイナースケールについて

やっていきます。

 

今回もちょろっと出てきた
Ⅰm7とかが関係しているお話です。

 

今までは、徹底的に
メジャーキーとメジャースケールを解説してきましたが、
キーにはもう一つ、マイナーキーがあります。

 

実はKeyのお話の最初の記事
ボソッと言ってたりします。

 

まだあんのかよ!って思った方もいるかもしれませんが、
メジャーキーを理解していれば、
マイナーキーは順番を入れ替えるだけ
です。

 

そのへんどういうことなのか?

 

これからやってきましょう。

 

ではまた!

 

shun

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP