向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. リディアンスケール
  2. 25 view

リディアンスケールその2/ジョー・サトリアーニの曲で覚える

 

こんにちはshunです。

 

 

 

 

今回も引き続き、リディアンスケールについてやっていきましょう。

 

 

 

 

 

前回の記事で、ジョー・サトリアーニの曲を紹介しましたね。

 

 

 

この曲でした。

 

 

 

 この曲は、ほぼずっとリディアンで、スケールの特徴をつかむのにもってこいなので、

 テーマ部分だけでもマスターしてしまいましょう。

 

 

 

と、いうことで、テーマ部分の譜面を用意しました。

 

 

Flying in a Blue Dream  0:45~

js1

 js2

js3

 

 

細かいニュアンスや符割りは譜面では表せないので、

曲をよく聴いてつかんでくださいね。

 

 

 

この曲のテーマのポイントは、メロディーが各コードのルートをトニックにした、

リディアンスケールで作られているところです。

 

 

 

CM7のところはCリディアン、A♭M7のところはA♭リディアン、

GM7、FM7のところもGリディアン、Fリディアンになっています。

 

 

 

一つ一つのコードに対して、どのようにリディアンスケールを見ているか、

確認しておきましょう。

 

Cリディアン

cl

 

 

A♭リディアン(図ではソフトの都合でG#リディアンになっています)

al

 

 

Gリディアン

gl

 

 

Fリディアン

fl 

 

 

 

どのコードの時もちゃんと、コードのルート(トニック)に対して、

#11thにあたる音をメロディーに含んでいますね?

 

 

 

 その辺をしっかり考えながら、この曲は作られています。

 

 

 

では今回はここまで!

 

次回に続きます!

 

 

shun

リディアンスケールの最近記事

  1. リディアンスケールその5/リディアンを使うとき3

  2. リディアンスケールその4/リディアンを使うとき2

  3. リディアンスケールその3/リディアンを使うとき

  4. リディアンスケールその2/ジョー・サトリアーニの曲で覚える

  5. リディアンスケールその1/必須スケール解説

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP