向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

タグ:スケール

ナチュラルマイナースケールその3/必須スケール解説

こんにちは、shunです。 前回の記事では、ナチュラルマイナースケールの構成音を m3rdのところまで確認しました。 今回は、この先いってみましょう。 まずは、指板図をどうぞ。 3弦上…

詳細を見る

ナチュラルマイナースケールその2/必須スケール解説

こんにちはshunです。 続けてナチュラルマイナースケールについて、やっていきましょう。 前回解説したのは、Aナチュラルマイナースケールは、Cメジャースケールと構成音が同じ ということと、上記二つのスケ…

詳細を見る

ナチュラルマイナースケールその1/必須スケール解説

こんにちは、shunです。 今回から、マイナーKey関係のことを、 解説していきたいと思います。 具体的には、 ・マイナーペンタトニックスケール ・ナチュラルマイナースケール(エオリアンスケール) ・マ…

詳細を見る

Keyのお話その8

さて、続いてやっていきましょう。 コード進行からのKey判別法の続きです。 前回は主に、ベースラインを聴き取って コード進行を分析してみよう、と言うお話でした。 今回は、その他の、Key…

詳細を見る

Keyのお話その7

さて、今回はひっさしぶりに Keyの解説です。 というか、もともと、調号からのKey判別法を 解説し終わって、次にコード進行からの Key判別法を覚えましょう!って話でしたね。 それに伴い、 ダイアトニッ…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その2

続いてやっていきましょう! 今やっていることは、コード進行からKeyを読み取る為の、 そのKeyで使用されるコードの基礎知識について、ですね。 前回の内容を簡単にまとめると、 楽曲にはKeyがあって、そ…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その1

こんにちは、shunです。 前回の記事では、調号からのKey判別法を学びました。 次に学ぶのは、コード進行からのKey判別法ですが、 今回はその前段階、Keyと、そのKeyで主に使用され…

詳細を見る

Keyのお話その6

こんにちは、shunです。 気が付けば、Keyの解説もすでに6回目ですね。 3~4回で終わるかなー、と思っていましたが、そんなことはなかった笑 もうちっとだけ続くんじゃ。 …

詳細を見る

弦と弦でどのくらい音が離れているのか?その2

こんにちは、shunです。 前回は、ギターの弦と弦が音程的にどれくらい音が 離れているかの把握をしました。 今回は、前回やった事と、今まで覚えたCメジャースケールを生かして…

詳細を見る

弦と弦でどのくらい音が離れているのか?その1

こんにちは、shunです。今回は、チューニングの観点からギターの構造を確認してみようと思います。スケールやコードを覚える上で、わかっているとこれまた便利です。ギターは基本的には、6弦から、E、A、D、G、B、Eとチューニングしますね。という…

詳細を見る

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~