向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド

  1. マイナースケール
  2. 4 view

ナチュラルマイナースケールその2/必須スケール解説

こんにちはshunです。

 

続けてナチュラルマイナースケールについて、
やっていきましょう。

 

前回解説したのは、
Aナチュラルマイナースケールは、
Cメジャースケールと構成音が同じ

ということと、

上記二つのスケールは、基準音をずらしただけのものである

ということでしたね。

 

今回はもうちょっと、
ナチュラルマイナースケールの事を
詳しく分析してみましょうか。

 

まず、コードやスケールの、メジャーorマイナーを決める音、
なんの音だったか覚えていますか?

 

そうです。m3rd(マイナーサード)です。

 

ナチュラルマイナースケールなんていう
名前が付いているくらいなんで、もちろんm3rdを含んでいます。

 

今回はAナチュラルマイナースケールなので、
トニック(主音←基準にする音のこと)はA音ですね。

 

構成音はCメジャースケールと同じなので、
C、D、E、F、G、A、Bの7音。

 

それをA音から並べなおして、
A、B、C、D、E、F、Gという順番にしたものが、
Aナチュラルマイナースケールです。

 

では、久しぶりの指板図です笑

図 3弦上のAナチュラルマイナースケール
1

 

図としては、この記事やメジャースケール解説で載せた、
Cメジャースケールの図とまったく同じものですが。

 

今回は、A音から始まって、見た目にわかりやすいので、
3弦上でナチュラルマイナースケールを見てみましょう。

 

さて、話はm3rdでしたね。

 

トニックから見て2音(4フレット分)離れた音がM3rd(メジャーサード)で、
トニックから見て1音半(3フレット分)離れた音がm3rdでした。

 

上の図を見るとわかりますが、A音→B音→C音の並びが、
トニック→1音(2フレット分)→M2nd→半音(1フレット分)→m3rdとなっていて、

ちゃんとA音に対してm3rdにあたるC音を含んでいます。

 

Cメジャースケールの時は、C→D→Eと、
トニックC音に対してM3rdにあたるE音を含んでいました。

 

ちゃんとAナチュラルマイナースケールには、
マイナースケールの名の通り、m3rdが入っていましたね。

 

なので構成音がCメジャースケールと同じでも、
A音から弾き始めると、マイナーのスケールになるのです。

 

では今回は3rdの確認まで。

 

次回も続いて、

残りの音がどんな構成になっているか
分析してみましょう。

 

続きます!

 

shun

マイナースケールの最近記事

  1. ペンタトニックスケールとダイアトニックスケールの違いその2

  2. ペンタトニックスケールとダイアトニックスケールの違いその1

  3. ナチュラルマイナースケールその8/必須スケール解説

  4. ナチュラルマイナースケールその7/必須スケール解説

  5. ナチュラルマイナースケールその6/必須スケール解説

関連記事

教則本ダウンロード

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。


~全てのギタリストに音楽の基礎教育を~

このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

その方が圧倒的に上達が早くなりますので。


【詳しいプロフィールはこちらから】



※各種SNSアカウントリンク

【facebook】

【twitter】

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。


もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓

【Shun Onuma’s Guitar Works 】

~使用機材など~

ギタリストの為のトレーニングサイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

Twitter

PAGE TOP