向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

マイナーペンタの♭5の位置は、メジャーペンタから見るとm3rdの位置になる

どうも、大沼です。

 

前回の記事の続きです。

 

さて、前回は、マイナーペンタの各ポジションで、
♭5の位置を覚えましたね。

 

今回は、その覚えた♭5の位置を別の視点から活用してみよう、
というお話です。

 

基本的には、前回出てきたポジションと
覚えた♭5の位置を使います。

 

ですが今回は、ペンタトニックスケールの基準音を変えて、
メジャーペンタの視点から見ていく事になります。

 

前回はA音を基準にマイナーペンタのポジションを見ていましたが、
今回は同じ形の内、C音を基準に見て、
Cメジャーペンタのポジションとして見ます。

 

オレンジの丸で囲ったC音をトニックとして弾きます。
(他のポジションも同様にC音を基準に見ていきます)

ペンタm3rd -1

 

で、このC音を基準に、♭5として覚えた青丸の音を活用していくのですが、
ここの音は、C音から見るとE♭なので、m3rdの音になるんですよね。

ペンタm3rd-2

メジャーペンタなのにm3rdを気にするなんて、どういうことなのか?
という話なんですが、このネタについては
ブルース系の論法(プレイスタイル)が元になっています。

 

ミクソリディアンを解説した時のこの記事辺りから、
順番に記事を読んでもらえればわかるのですが、ブルースや、
それらをルーツに持つ音楽で使われているスケールは、本質的には
ペンタではなく、ブルース・スケール(ブルーノート・スケール)です。

 

ブルース・スケールは、ペンタやメジャースケールに、ブルーノートとされる、
m3rd、♭5、m7thの音を、適宜、加えたものでしたね。

 

なので今回の、

メジャーペンタのトニックから見たm3rdの音の位置を知っている事は、

ドミナント7thのコード上で行われる、ブルース系のプレイや、
ミクソリディアン系のプレイをする時に役に立つ

と言う事です。

 

そして前回覚えた、

マイナーペンタのトニックから見て♭5にあたる音は、
リラティブ・メジャーのトニックから見るとm3rdにあたる音、

と、こういう事になります。

 

インターバルの位置の把握については、色々なトレーニング法があるのですが、
マイナーペンタ+♭5はよく使うスケールなので、今回の、リラティブ・メジャーの
m3rdとして見る方法は、比較的、把握しやすいのでは無いかと思います。

 

さて、このネタについて、今、頭の中にあるものを全部書いてしまうと、
今回の記事の3~4倍くらいの文量になってしまうので、
ここで一度区切りたいと思います。

 

今回やって欲しい事は、前回覚えたAマイナーペンタ+♭5のポジションを、
Cメジャーペンタ+m3rdとしても弾いてみる、という事です。

 

これらを踏まえた上で、次回から具体的な譜例を交えて、
実戦での使い方を解説して行きたいと思います。

 

ではまた。

 

大沼

 

 

 

 

 

 

関連記事

メールマガジン

現在配信中のギター教材ダウンロードはこちらから

*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
アドレス確認用* 

もう一つのギターサイト

バナー

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

~使用機材など~