『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. 音楽理論
  2. 889 view

ミクソリディアンスケールその9 / ミクソリディアンとブルースその2

こんにちは、shunです。

今回もミクソリディアンスケールとブルースの関係を

勉強していきましょう。

前回の記事では、どちらかと言うと

マイナーペンタよりのフレーズで解説をしました。

今回はメジャーペンタ的解釈のフレーズから、

ブルーススケールとミクソリディアンを

考えていきましょう。

曲はラリーカールトンの、Friday Night Shuffle(フライディナイトシャッフル)です。

ノリのいいGのブルースですね。

Gkeyなので、Gメジャーペンタ、Gミクソリディアン、Gブルーススケールの観点から

フレーズを見てみましょう。

0:15~からの最初のメロディー譜はこちら

譜面

Gメジャーペンタのこのあたりのフォームが主体ですね。

GMペンタ

2弦10フレットのA音を、11フレットB♭音に

チョーキングしているところに注目してください。

B♭音は、G7のコードに対してm3rdにあたる音になります。

※5弦ルートのGコード

Gコード

ドミナント7thコード上でのm3rdはブルーノートでしたね。

この2弦10フレット→2弦11フレットの動きが醸し出している、

ブルージィな雰囲気を感じてくださいね!

この曲のソロは上にあげた譜面以外にも、

かなりセンスのいいフレーズが満載なので、

コピーしてみてもいいかも知れません。

では今回はこの辺で!

shun

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP