『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. 無料教材【ギターと音楽の教科書】
  2. 12 view

【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.04『Cメジャーペンタトニックスケールを使う』~その2~

【vol.04】 Cメジャーペンタを使う ~その2~

(※【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】テキスト全編と、その他無料教材(総数1000p以上)のダウンロードはこちらのページから可能です)

さて、では今回は『これまで覚えたスケールを使う』と言う部分を重点的にやっていこうと思います。

『スケールが使える様になる』と言うことは、自分のオリジナルのソロを作る時や、アドリブを行う際のフレーズのバリエーションが増える、と言うことです。

やはりどんなことでも、最初は『真似る事(コピーすること)』から始まります。

『自分のオリジナル』と言うモノは、複数(2人もしくは2つ以上)の要素を真似て(習得して)、それらを良いバランスで上手く混ぜ合わせた(混ぜ合わせられた)時に生まれるもの。

そういったことを踏まえると、最終的に自分のオリジナルを作るには、『自分の中に他人の手法を取り入れる』と言う作業が必要になりますよね。

なので、世間では、『コピーが大事』と言われるわけです。

ですが、1つ注意しなくてはならないのは、『ただ漠然とコピーだけしていてもダメ』だと言うこと。

重要なのは『そのプレイヤーが何を考えて、どういう演奏をしているのか?』を把握できているかどうかです。

そこをしっかりと分析できないと、一定以上、曲やフレーズのコピーをしていても、『自分が演奏する時に、そのネタをどこで使ったら良いのかがわからない』という状況になります。

そう言ったことにならない様に、音楽的な分析、把握の為に、スケールや理論などといった『音楽の知識』が必要なのです。

と、いうことで、まずは覚えたメジャーペンタの使い方を学ぶ為、身体に覚えこませる為に、実際の楽曲を参考に練習してみましょう。

では、今回のモデルにする曲は2つ。

The Beatles (ビートルズ)の“Let it be”と、
Oasis(オアシス)の”Don’t Look Back In Anger”という曲のギターソロ
です。

どちらの曲も、これまで覚えたCメジャーペンタの重要ポジション主体のソロなので、良い練習になるでしょう。

本当は、原曲のソロを完コピするのが一番わかりやすいのですが、著作権の都合上、完コピ譜を載せるとちょっとまずい可能性があるので、譜例は原曲ソロをアレンジしたものにしてあります。

どちらかというと、フレーズを真似た、というよりは、指板上の動きを真似たものになっています。

感覚を掴めば原曲ソロも耳コピ出来ると思うので、そういったことにもチャレンジしてみましょう。

※譜面作成ソフトの都合で、タブ譜では上手く表せない表現があります。
タブ譜だけを見てると特にリズムがわかりにくいので、音符(オタマジャクシ)の方もよく見てみてくださいね。

モデル楽曲Youtubeリンク

・The Beatles “Let it be”
https://youtu.be/HzvDofigTKQ

・Oasis ”Don’t Look Back In Anger”
原曲動画
(ピッチがちょっと高いので、動画に合わせて弾きたい場合は444ヘルツ位で
チューニングしてみてください)
http://youtu.be/r8OipmKFDeM

Live動画
(こちらは440でOKですが、フレーズが原曲とちょっと違います)

http://youtu.be/n4bMzztIRe0

※どちらの楽曲も、万が一削除されている場合は曲名で検索してみて下さい。

※フレーズを弾く前にコード進行を確認しておきましょう。コードバッキングを鳴らしながら練習した方がハーモニーの感覚が身につきます。

※DTMソフトやレコーダーなどを持っていない場合は、このブログの記事を参考にフリーソフトでバッキングを作って練習することをお勧めします。

The Beatles “Let it be”風、譜例1

The Beatles “Let it be”風、譜例2

Oasis “Don’t Look Back In Anger”風、譜例

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

大沼

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP