『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. ブログ
  2. 8 view

音楽理論(知識)はガイドである

どうも、大沼です。

いつかの記事で、アドリブの上達法を例に、どちらかと言えばテクニック寄りのアドバイスをしましたね。

なので今回は、知識(特に音楽理論)の方を、僕たちはどのように捉えたらいいのか?

もう一度、お話ししてみたいと思います。

それでは、いってみましょう。

■音楽理論(知識)はガイドである

まず、昔からある(?)『音楽理論の必要、不要論』ですが、これは,

『絶対に学んだ方が良い』

です。

いつかのブログや、【教科書】の「はじめに」にも書きましたが、音楽理論とは、

「人がそれを聴いた時、どのように感じるかを言語化したもの」

なので、思いっきり『感性の話』なんですよね。

なので「音楽理論を学ぶと感性が鈍る」とかは基本的に無いです。
(むしろ上がります)

例外としては、あまりにも、学び方や知っている範囲が中途半端すぎるか、学んだものを実践的に“使って、もしくは使えていない”場合、

「学ぼうが、学ぶまいが大して変わらない状態」

になっている人はいるかと思います。
(僕は昔これになっていました苦笑)

ただこれは、言ってしまえば「感性が鈍る」というよりは、「まだ感性が育っていない」状態ですね。

なので、理論を知っているかどうか?に感性が左右されているわけではありません。
(ただ、「理論が絶対的に正しいもの」みたいな解釈をしてしまうと、少し危険ですが)

もう、現代で使われている理論というものは、紆余曲折あれど、人類の音楽史において、少なくとも数百年以上は継続して扱われてきた、ある意味「ハズレのない知識」なのです。

だからもう、スケールもキーもコードも、その組み合わせ方も、知っているに越したことは無いし、ちゃんと学べば必ず役に立つのです。

ただ、

『いま、あなたにどんな知識がどのくらい必要なのか?』

だけは、「やりたいことの内容とレベル」によるんですよね。

いわゆる、普通のポピュラーミュージックを、滞りなく演奏、理解したいのであれば、メルマガで配布している【教科書】の内容で言うならば、

『全80回分のテキストの内、vol.57(マイナーキーのアナライズ)くらいまでは必須』

です。

これで、普通のポップス、ロック辺りなら7~8割はいけるでしょう。

ジャズの楽曲も、シンプルなものならば、1曲の中のコード進行が、半分くらいは理解できるかもしれません。

逆に、もう少し高度なロック、ポップスや、ジャズ、フュージョン系をちゃんと弾きたいのであれば、

【教科書の内容全て】と、【モード奏法の内容全て】

が理解できていれば、ジャンルを問わず、おそらく、世の楽曲の8割以上は、自力でアナライズから理解までできると思います。
(※ここまでの知識がないとジャズ等は演奏できない、という意味ではありません)

これは要するに、世の中にあるポピュラーミュージックの理論(書)の、ほぼ全て(に繋がる基礎)を習得した状態と言っても良いかもしれませんね。

そしてここから、

『これらの知識を、スピードが伴った状態で扱えるかどうか? (初見演奏や素早い採譜、アドリブで瞬時に実演など)』

が可能かどうかは、単純に訓練次第です。

で、ここまでお話しして、もしかしたら、

「理論を全然知らないのに、なんでも弾ける人いるじゃん」

と思っている人もいるかもしれません。

実際、こういう人はたま~にいます。

ただですね、自然にこの状態になるには条件があって、

『凄まじい数のコピー』

が必要なんですよね。

もしくは、

『幼少期からの(それなりにハード目な)音楽教育』

とかでも良いかもしれません。

前回もお話ししたように、要するに、世間一般で扱われる音楽というのは、ある程度「パターン化」しているわけです。

民族音楽と西洋音楽の話でも言いましたが、

・基本的には12平均律の全12音を使う

・この12音から、人が聴いてて心地よい組み合わせを作る

とやっていると、どうしても「パターン」が出来てきますよね?

「循環コード」なんて、その最たるものです。

そして、凄まじい数のコピーをしてきた人は、その「パターン」が身体と耳に染みついているわけです。

幼少期から音楽教育を受けてきた人も、まあ雑に言ってしまえば、沢山曲をコピーしてきた、という状態と同じです。

だから、人によって程度の差はあれど、聴いただけでパッと弾ける、という状態になるわけですね。

で、

「なら、理論勉強しなくても、そっち目指せばいいじゃん」

と思うかもしれません。

それはそれで、その人の自由なのですが、一つ言いたいのは、

「コピーだけでその状態になるには、多分、 今あなたが思い浮かべている曲数の、数倍~数十倍くらいはコピーする必要があると思うよ」

という事です。

もちろん、一つのジャンルに絞るなどすれば、特定のジャンルや難易度に収まる曲であれば、もう少し早く「聴いただけで弾ける状態」になれるかもしれません。

でも、これほど理論の面も勉強しやすい時代になったのに、あえて学ぼうとしない理由も僕にはよくわかりません。

実際に、音楽全体の理解や演奏のクオリティ、実行スピードを上げる方法として、理論はとても役に立ちますから。

コピーなどは当たり前にやるとして、理論もやった方が、圧倒的に成長はやくなるだろうに、と思います。

ただ、それらを踏まえた上でも、多くの人が思うであろうことが、

「意外と学ぶべきものの量が多いなあ」

という事かもしれませんね。

ここに関してはもう、地道に、少しずつ、ゆっくりと、としか言えません。

達成の為の条件としては、「確実に継続する」の一つだけです。

先ほど、

「こういうことが出来るようになりたければ、僕の配布した教材で言えば、この辺りまでは学ぶべき」

とお話ししました。

ただ、あれらのテキストは、覚えておいてほしいこと(スケールポジションとかコードヴォイシング)は、

「これを覚えてください」

と実際に書いているので、なかなか先に進めない人もいるかもしれません。

でも、当然、いきなり全部は無理なので、

・一つのテキストに載っているものを全部覚えてから進む

ではなくて、

・現代で採用されている、音楽の仕組み(や構造、ツール)をなんとなーく把握する

くらいの感覚で、どんどん進んでしまってOKです。

むしろ、「一度やって、また復習する」方が覚えます。

仮に、毎日3時間、必ず練習できる様な生活をしていたとしても、あれらの教材に乗っているコードやスケールの「形を覚えるだけ」で、半年~1年くらいはかかるかもしれない。

(※この辺りは、これまでの経験と、取り組む練習メニューによって、習得にかかる時間は変わってきますが)

さらに、内容を理解して、使いこなそうとしたらもっとです。

なので、エクササイズ(練習譜例)自体は、本当に少しずつ習得していく感覚でいい。

例えば、なんとなーく、メジャーキーの曲で出てくるダイアトニックコード7種をギリギリ記憶できているだけで、コピーしたい曲のキーに合せて紙にでも書き出せば、基本的な楽曲のアナライズはできます。

(※一応、キーの知識も必要ですが、そんなに複雑なものでもないです)

これだけなら、初心者を抜け出したくらいの腕前と理解度でも出来るはずです。
(※ややこしい曲を選ばなければ)

新しいことを学ぶときは、最初はこのくらいの理解度と気楽さでいいのです。

まずは単純に覚えようとする。

でも、ちょっと触ってみるくらいでいい、1発で覚えようとは絶対にしない。

と言うか、おそらく、瞬間記憶の様な、謎の記憶能力を持つ人じゃないと1発はまず無理です。

そもそも、人間の記憶に関する機能はそういう風になっていないですから。

“忘れられる”からこそ、心身の健康が保たれているのが、僕ら人間だったりもします。
(※この辺りは詳しく話すと長いので割愛します)

そして、使いながら覚える。

繰り返し使っていくうちにさらに覚える(理解が深まる)。

もう、これだけです。

そして、今回のタイトルにもしましたが、

『理論(知識)は実演の為のガイド』

でしかないので、主眼は「使う事」に置くことです。

焦らず、一つ一つ、時間が掛かるのは当たり前、という感覚で、繰り返し、繰り返し触れていきましょう。

それだけで、いつの日か、身体に染みついていることに気が付きますから。

それでは、今回は以上になります。

ありがとうございました!

大沼

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP