向上心の高いギタリストの為の、知識と技術のトレーニングメソッド/インテリジェンス&エモーショナルギター

タグ:guitar

ダイアトニックコードのお話その10

こんにちは、shunです。 前回までで、ダイアトニックコードの 主要コードである、 トニックコード ドミナントコード サブドミナントコード の役割を解説しました。 *各解説記事 トニックコードについて…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その9

こんにちは、shunです。 前二つの記事で、 トニック、ドミナントと解説してきました。 前々回→トニックコードについて 前回→ドミナントコードについて 今回は最後の一つ、 サブドミナ…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その8

こんにちは、shunです。 前回は、メジャーキーに対して ⅠM7にあたるコードの解説をしました。 ⅠM7のコードは、 トニックコード(トニックメジャー)と呼び、 そのキーで最も安定するコード、 というこ…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その7

続いてやっていきましょう。 前回の記事では、各メジャーキーに対応する、 メジャースケールの構成音をルートにコードを作ると、 どのキーでも出来上がるコードの順番が同じ、 ということを解説しました。 その順番…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その6

こんにちは、shunです。 今回は、ダイアトニックコードの、 インターバル的な呼び方の基礎をやっていきましょう。 なんか見たことありませんか?こういうの。 Ⅱm7→Ⅴ7→ⅠM7 上みたいなローマ数字…

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その5

こんにちはshunです。 今回から、ダイアトニックコードの解説にもどります。 そもそも今やっているのは、 コード進行からKeyを読み取るには どうすればいいのか? ってことでしたね。 今までのやってき…

詳細を見る

コードネームのお話 おまけ

どうもshunです。 昨日で終わったはずのコードネームのお話ですが、 いつもこのブログを読んでくださっている 皆さんに、どーしても伝えたいことがあったので、 おまけとして記事にすることにしました! うそで…

詳細を見る

コードネームのお話その3

コードネームのお話その3です。 コードネーム表記法の基本については 今回で終わりです。 前回、前々回の復習にこちらをどーぞ! 前々回 コードネームその1 前回 コードネームその2 では…

詳細を見る

コードネームのお話その2

こんにちはshunです。 引き続き、コードネームについて やっていきましょう。 前回は3rdと7thのコードネームの表記法でした。 今回は、5thについて解説していきます。  …

詳細を見る

ダイアトニックコードのお話その3

こんにちは、shunです。 前回の内容は、ルートから見て3番目の音、3rd(サード)が、 コードやスケールのメジャー、マイナーを決定する というお話でした。 ルート音から見て、 2音離れている、M3…

詳細を見る

メールマガジン

ブログ更新のお知らせや、各種テキストのダウンロード、
教材モニターの募集などを希望される方は、
下記フォームからメルマガにご参加下さい。


*は入力必須です。
お名前* 苗字:
メールアドレス*
アドレス確認用*
 

ギタリストの為の本格トレーニング用サイト

バナー

※画像をクリックでサイトに飛びます

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師

コーヒーの飲みすぎにより、カフェイン中毒に陥っている、 ギターを弾いたり音楽を作ったりする人。

音楽専門学校卒業後、ギタリストをしています。

~facebook~

~twitter~

※FBの友人申請は自由にして頂いて構いませんが、
「ブログから来ました」などの簡単なもので良いので、
なにか一言メッセージを下さい。

もう一つギターサイトも運営しています。
こちらの方がもっと詳しく、本格的になっています。
↓↓
~Shun Onuma’s Guitar Works ~

~使用機材など~