『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. 無料教材【ギターと音楽の教科書】
  2. 6 view

【ギターと音楽の教科書】vol.15『単音カッティングと、ペンタのミュートフレーズ』

【vol.15】単音カッティングと、ペンタのミュートフレーズ

(※この記事の講座を含む、現在配布中の無料教材(総数10講座~、合計1000p~)のダウンロードはこちらのページから可能です)

こんにちは、大沼です。

さて、今回のVol.15では、単音のカッティングフレーズと、ペンタトニックスケールをベースにした、ミュート奏法を学んで行きたいと思います。

参考にする曲は、『MVP(マーク・ヴァーニー・プロジェクト)』の【Love Struck】と『Earth, Wind & Fire』の【Sing a Song】の2曲になります。

前者は、元々は超絶ギタリストを集めたアルバムですが、今回はテクニカルプレイとは関係の無いバッキングについてですね。笑

後者は、有名バンドの曲なので、もしかしたら知っているかもしれません。

今回のカッティングフレーズの特徴として、以前、”The Police”の曲でやったような、「右手はある程度ちゃんと振ってるんだけど、狙った弦周辺にストロークを当てる」というテクニックを使います。

右手のストロークが大事なのはもちろんですが、左手の不要弦のミュートもかなり重要なポイントになってきます。

左手のミュートで余計な音を出さずに、かつ、右手をしっかり振ってストロークし、キレのいいニュアンスを出すテクニック。

ぶっちゃけ、このコントロールが出来ると、カッティングは大体どんなフレーズでも弾けます。
(もちろんフレーズごとに練習は必要ですが)

例えば、バレーコードでカッティングする時のような、沢山弦を押さえて、ほぼ全弦(弦5、6本)ストロークするようなカッティングは、弦を押さえるのもミュートもそこまで難しくはありませんよね?
(カッティングと言うよりは、もう事実上ストロークですが)

今回の曲でやるのは、それとは違った、狙った場所をヒットする、ある種、繊細なコントロールのフレーズです。

細かい部分にも気をつけつつ、思い切りよく弾きこなせるようになりましょう。

もう1つのペンタトニックのフレーズは、どちらかというと、ちょっと大人っぽいジャンルの音楽などでよく使われる奏法です。

普通のロック、ハードロックなどのバンドの曲ではあまり出てきません。

ギター、ベース、ドラムがいて、さらに鍵盤の音やシンセサイザーの音など、たくさんの楽器がいる中で、ギタリストが周りの邪魔をしないようによく使う奏法です。

こちらは、スタジオミュージシャン系の人がいるバンドだったり、そのままスタジオミュージシャンが弾いていたりする曲でたまに出てきます。

もしかしたら、あまりなじみがないかも知れませんが、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ばれる、洗練された、大人っぽいロック音楽のジャンルでも良く出てきますね。
(今回はファンクの楽曲をモデルにしますが)

ずーっとロックやハードロックだけだったり、最近のバンドの曲だけを弾いていたりすると、下手をしたら一生やることがないかもしれない奏法なので、これを機に触れてみて欲しいと思います。

では、まずは単音カッティングからやっていきましょう。

こちらは『MVP(マーク・ヴァーニー・プロジェクト)』の【Love Struck】をモデルにやっていきます。

※Youtubeモデル楽曲リンク
https://youtu.be/k_SmNVXkzwA

譜例1、サンプルフレーズ、『MVP』 【Love Struck】風1:26~

と言う事で、まずはいつものコード進行の確認から。

コード進行はE♭7ですね。フレーズの拠り所となるE♭7のコードはここです。

(※譜面作成ソフトの都合で音名が#表示になっていますが、今回の場合、正しくは♭系で読みます。)

コードがドミナント7thなので、仮に使うスケールを想定するならば、ブルーススケール的な観点から、E♭のマイナーペンタ辺りが弾きやすいですね。(もしくはE♭ミクソリディアン)

(※こちらの図も音名の#、♭については同上)

この様に、コード進行と、そこで使われている(と想定できる)スケールを照らし合わせてみることは、フレーズを分析するのに重要なポイントになってきます。

さて、このフレーズですが、以前、The Policeの曲(vol.13)でやったように、鳴らしたい弦とその周辺だけをピンポイントで狙ったカッティングでしたね。

なので、さっきの譜面に、実際にピックがあたる場所を無理やり書き込むと、大体こんな感じになります。

かなり譜面が見づらくなりましたが笑、このようなイメージで、ピックを当てる部分をストロークでコントロールします。

括弧が付いてる×印は、「まあ、当たっちゃったらしょうがないかな」くらいの感覚でいいので、右手をある保程度しっかりと振ることを意識しましょう。

で、もう1つ重要なのは左手のミュートなんですが、とにかく、その時使える指全てを総動員して、なんとしてでも鳴らしたい音以外をミュートします。

奏法のポイントは、大きく2つあって、
・右手は鳴らしたい音の周辺部分を鋭くストロークする
・左手は、余計な音を鳴らさないように、出来る限りミュートする(不要弦に触っておく)

と、この両手のテクニックがしっかりとできるかどうかで、フレーズのカッコよさが変わります。

細かいニュアンスは音源を良く聴いて感じを掴みましょう。

ちなみにサウンド的にはリアとセンターのハーフトーンのようです。

なんだかんだ言って、突き詰めると結構高度なプレイなので、上手く弾けない場合は超ゆっくりのテンポから練習してくださいね。

この手のプレイを、サラッと弾きこなせる人は中々いません。

弾けるとかなりカッコいいので、マスターしておきましょう。

では、次に、ペンタをベースにした、単音ミュート系のプレイを弾いてみましょう。

参考にする楽曲は『Earth, Wind & Fire』の【Sing a Song】です。

※Youtubeモデル楽曲リンク
https://youtu.be/HBpsOu8jyU8

譜例2、サンプルフレーズ 『Earth, Wind & Fire』 【Sing a Song】風0:05~

基本的に、一定以上伸ばす音以外は、軽くブリッジミュートを掛けながら弾きます。

×印で現しているような部分は、基本的には弾くも弾かないも自由なのですが、ある程度は入れた方がカッコいいので、その辺り原曲を良く聴いて感じを掴んでください。

コード進行は、A、A/C#、Bm、Esus4の4つですね。

この辺りの分析については、詳しくは今後のテキストでやりますが、key=Aの進行なのでフレーズにはAメジャーペンタが使われています。

さて、このフレーズで重要なことは、ほぼ全ての音符を軽くブリッジミュートしながら弾くところと、16分音符のリズムでオルタネイトピッキングのアップダウンを必ず守るところです。

ブリッジミュートは、必ず音程が聴こえるように、深すぎず、浅すぎず、ちょうど良いポイントでミュートします。

深すぎると、音程が不鮮明になりますし、浅すぎると、1音1音が長く鳴ってしまい、リズムがべたっとした感じになりますので。

オルタネイトピッキングの方は、16分のアップダウンを守らないと必ずリズムが乱れます。

こういったリズミックなプレイは、リズムが合っていないと終わりなので、注意しましょう。

あとはそれぞれの音価(音の長さ)だったり、ゴーストノート(×印)のニュアンスだったり、原曲をよく聴いて、感じをつかんでくださいね。

この曲は最初の方で書いたような、AOR(アダルトオリエンテッドロック)のジャンルではないですが、アレンジ的に色んな音(楽器)が同時に鳴ってますよね?

こういう時に、ギターがコードをジャカジャカやったりして沢山の音を鳴らしてしまうと、曲の邪魔になることが多いのです。

曲全体を聴いてもらえればわかると思いますが、譜面にした所以外も、ギターは単音のプレイがメインです。

出てきても、ちょっとコードが鳴っているくらいですね。

まあ、曲がファンク系の軽快なタイプの曲なのでそうしている、という事もあると思いますが。

一曲通して、非常にカッコいいギタープレイが満載なので、可能なら耳コピしてみてもいいかもしれません。

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

大沼

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP