『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. 無料教材【ギターと音楽の教科書】
  2. 294 view

【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.01『Cメジャーペンタトニックスケールを覚える』~その1~

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

では、講座の方を始めていきましょう。

まずはいきなりですが、Cメジャーペンタトニックスケールを覚えます。

どんな分野にも、問答無用で覚えておかなくてはならないものがあるように、
ギターにもそういったものがあるのです。

その内の1つがスケールになります。

”スケールとはどういったものなのか?”という解説は、
次回以降に行いますので、とりあえずモノを覚えてしまいましょう。

そのほうが圧倒的に効率が良いので。

結局のところ、楽曲では、各種スケール内の音を使って、
全てのメロディなり、フレーズなりが作られています。

なので”スケールを覚えている”ということは、
”その曲、そのコード進行で問題なく使える音を知っている”
ということになりますね。

ペンタトニックスケールには、
5つのポジション(指板全体を5つに区切るということ)があるのですが、
今回と次回で終わらせてしまいます。

解説自体は2回で終わりますが、スケールそのものは
1回(1日)で覚える、という類のものではありません。

日々、基礎練習に組み込むなどして、ある程度の期間をかけて、
身につけていくものです。

なので、できるだけ毎日、1回でもいいので
各ポジションを弾いておく事をお勧めします。

では、いきましょう。

・Cメジャーペンタトニックスケール

図、ポジション1

さて、まずはこのポジションを覚えるのですが、一番最初のトレーニングとして、
フレットごとに使う指を固定して(決めて)練習してみましょう。

後々、実際に楽曲をプレイする時は、指使いは臨機応変に変えていくのですが、
トレーニングとしてこれもやっておくと、指板を見なくても指が勝手に動くようになるので
非常に便利です。

と言う事で、ポジション1の場合は、以下の図のように、使う指をフレットごとに固定します。

図、ポジション1、指使い

この図に指定してある通り、全ての弦に対して、フレットごとに使う指を決めます。

5フレットの音を弾く時は人差し指。
6フレットは中指
7フレットは薬指
8フレットは小指

と言ったように。

このポジションだと、6フレットにスケールの構成音は無いので、
中指は使わないことになりますね。

この指使いの指定を厳守して練習すると、今後、どこのキーに行っても、
手がそのスケールポジション(形)を覚えているので、
指板を見なくても、そのスケールを弾くことが出来るようになります。

※キーに関しては今後やりますので、今は深く考えなくてもOK です。

練習譜例は以下です。

ポジション1、練習譜例

今回は『C』メジャーペンタトニックスケールなので、
C=ドの音から始めて、ドの音で終わっています。
(※6弦8フレットはC(ド)の音ですね。)

理論的な事は後々解説するので、とりあえず今は、
『ドの音を基準にしてメジャーペンタトニックスケールを弾いているんだ』
と考えてください。

※詳しい解説は次回以降でします。

この練習では、
”基準となる音から始めて、基準となる音で終わっている”
ということを、しっかり認識しておくことが大事です。

後は先ほどもお話ししましたが、実際の楽曲を弾く時には、
この指使いでは弾きにくい場合がありますので、
自分なりに「弾きやすい」と感じる指使いでも練習してみましょう。

それでは、次のポジションにいきましょう。

・Cメジャーペンタトニックスケール2

図、ポジション2

指使いはこの様になります。

図、ポジション2、指使い

ここのポジションは、

12フレットの音を弾く時は人差し指、
13フレットは中指
14フレットは薬指
15フレットは小指

ですね。

練習譜例は以下です。

ポジション2、練習譜例

こちらは5弦15フレットのC(ド)音を基準にして弾いています。

今回は、以上の2つのポジションを覚えてください。

今後、この辺りのポジションを使ったギターソロなどもやる予定ですが、
その時、フレットごとに使う指を決めて行う練習の
効果を実感できるはずです。

後々わかってきますが、この2つのポジションを基点に、
大半のギターソロが演奏されています。

実際の演奏や、耳コピする時にも死ぬほど使うので、
確実に覚えておきましょう。

vol.2では、メジャーペンタトニックのポジション5つの内、
残りの3つを練習します。

可能であれば予習してみてくださいね。

~練習の提案~

さて、最初の方にも書きましたが、スケールというものは、
1日(とか短期間)で全て覚える、というものではありません。
(もちろん覚えてもいいんですが笑)

例えば上の練習譜例を、その日の内に100回弾いて覚えるとかよりも、
”1日10回を3日”というようにしたほうが、より記憶に定着しやすいです。
(※もちろん100回も弾いたら、ほぼ確実に覚えているとは思いますが)

実際の所、弾く回数を具体的に決める必要は無いのですが、
区切りとしてわかりやすいので、あえてこういう言い方をしているところもあります。

現実的な練習案としては、

・1日あたり、上記の練習譜例を各1~10回程度弾く

と、これを2~3日から一週間くらいやれば、
おそらく暗記できていると思います。

で、後は実際に曲を弾く時に使っていれば、まず忘れません。

その『スケールを使うこと』についても後々やっていくので、
それまでお待ちください。

もうすでにあなたが『普段からスケール使ってるよ』というならば、
ガンガン使っちゃってください。

さて、今回からギタリスト必須のスキルを色々と学んでいくのですが、
新しいことを覚える時の練習の順番としては、

1、譜面を見ながら覚える(覚える為に繰り返し弾いてみる)

2、譜面を見ないで弾く

3、メトロノームなどに合わせて弾く(クオリティを上げる)

この順番です。

譜面を見ないで弾けるようになるまでは、
メトロノームを使わなくても構いません。

覚える作業と、スムーズに弾ける様になる為の作業は分けましょう。

それでは、今回は以上になります。

ありがとうございました。

大沼

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP