『知識と感情を融合させた表現が出来るギタリスト』になる為の Intelligence & Emotional Guitar

  1. 自己紹介とこのブログについて
  2. 34 view

#11 上手くなる最善の道『とにかく自己投資』の感覚を持つ

どうも大沼です。

基本的に、僕の発信と言うのは、ギターの上達はもちろんですが、

『そもそも、自分自身を向上させていくにはどうしたらいいのか』

というような領域からも、色々とお話ししていますね。

なぜなら、自分の成長のさせ方がわかっていれば、ギターに限らず、どんな分野においてもスキルの上達はスムーズになるからです。

この「自分自身が成長、向上していく」のであれば、それは音楽以外でもいいし、もちろん音楽でもいいのです。

結局、『自分のクオリティ』が高まれば、関わる全ての要素が良くなっていくわけですからね。

ということで今回は、タイトルにもあるように、全ての成長の根本でもある

『自己投資』

の考え方についてお話ししていきたいと思います。

大なり小なり、人は自分の望みをかなえる方向に動いているものですが、無意識で選んでいるよりも、効果的なことを意識的に行えば、成長は加速していくわけですよね。

この、効果的、効率的な成長に繋がる『投資』の感覚。

その辺り、詳しくみていきましょう。

さて、『投資』という言葉だけを聞くと、もしかしたら、金銭的な面だけを思いうかべるかもしれませんが、決して、その限りではありません。

実際は、

行動する「時間」もそうだし、

行動する「体力やエネルギー」もそう、

それについて考えたりする「思考の量」もそう。

すべてが『投資』です。

たとえば、『イメージトレーニング』と言うものがありますが、これに効果があることは科学的に実証されているんですよね。
(※「超一流になるのは才能か努力か?」などの書籍が分かりやすいです)

実際に楽器に触っていなかったとしても、自分が演奏している状態をイメージしているだけでも、実は上達が見込めるのです。(※その代わり、精密にしっかりとイメージしている必要があります)

このような、「普段の何でもない時に、ギターのことなどを考えている」というのは、立派な、

『時間、エネルギー、思考の投資』

ですよね。

ギターでもなんでもいいのですが、同じ時期に物事を始め、同じような時間の練習をしているのに、なぜか、どんどん上手くなるやつっているじゃないですか。

こういった、環境などの要因がそこまで変わらないのに、上達に差がついたりするのは、イメージトレーニングや脳内学習の量が意外と影響していたりします。

もちろん、「練習時間そのもの」が違えば差がつくのは当たり前なのですが、イメトレ含め、「それについて考えている時間が長い」というのは、実はひたすら研究や練習をし続けている状態とかなり近いんですよね。

今の話は、金銭的な面以外での投資の例ですが、当然、

・音源(CD等)を買ってみる

・教則本を買ってみる

・レッスンがあるなら受けてみる

・ライブがあれば見てみる

・セッションができるならしてみる

などの『お金を使って行う自己投資』もありますよね。

こういった項目に、時間、エネルギー、思考、お金・・・、すべてのリソースを、

『自分の望んだ状態を達成する為に』

自己投資として投じていくわけです。

当然、お金を使えばその面では負荷が掛かりますが、自分の持っている情報量や経験が増えれば増えるほど、日常の中で考えたり、イメージしたりする材料が増えるので、成長は加速します。

実際、『経験や学習に色々なコストを支払う』というのは、僕らはすでに、当たり前のようにやっていたりします。

英語を喋りたい人は、本を買うし、スクールに通うかもしれないし、場合によっては、飛行機に乗って、海外に行ってしまうかもしれない。

他にも、僕らが社会の中で使う能力は、なんだかんだ、「学校教育」である程度の範囲は身についていますよね。

これには、直接お金を払っている感覚はあまり無いかもしれないけれども、実際は税金として間接的に払っているものだったりします。

これが、高校、大学などと進んで行くと、だんだんと、自己負担なのが目にみえて分かる様になってくる。

個人的な話になりますが、僕は音楽専門学校に通ったので二年間で200万以上、音楽に投資したことになりますね。(※プラス生活費なども)

在学中は生活費のためにバイトもしていましたが、学費を出してくれた両親には感謝の念しかありません。

卒業後も、学生中にメインで習っていた先生に、引き続きレッスンを受けてたので、実際は、習うことにもっとお金を使っていますね。笑

このメルマガ読者さんには、4年制の大学に通った(通っている)方もいるかと思いますが、それなら僕よりも、自分自身に投資していることになるかもしれません。

社会人になれば(というか広い意味では学生でも)、『時間』を使って『お金』を稼ぐので、なにかに時間やエネルギーを使うということは、ある種、

『すべて金銭的な投資とも繋がっている』

と言ってしまってもいいでしょう。

さらに、

『実際に取り組んだこと=経験、体験』

も、自身の成長に大きな影響を与えるのは、あなたも普段から実感しているはずです。

もちろん、何に対しても、実際に取り組む時間が多ければ多いほど良いに決まっていますが、人それぞれ生活スタイルがありますので、

『自分ができるベストを尽くす』

というのが一番気にかけるべきところですよね。

体を鍛えたい人は、ジムに行ったり、運動器具を買ったり、トレーニングの研究をしたり・・・。

一時期話題になったラ〇ザップなどは、入会するのに結構な金額が必要ですが、この高いお金を払ってるので、自身の行動に対する強制力やコミットメントが働き、結果、望むもの(この場合はダイエットの成功)が手に入るわけです。

〇イザップは、金額だけを見ると、世間的には高い買い物かもしれません。(※たしか2ヵ月で35万円くらいだったと思います)

しかし、望む結果に繋がっているのですから、本人は幸せでしょう。

僕らがギターを買ったり、機材を買ったり、音楽の学習にコストを支払うのと同じです。

楽器に興味がない人からすれば、なぜそんなに良いもの(≒値段の高いもの)が欲しいのか、全く共感出来ないでしょう。

ですが、僕らは手にしたいんですよね。

良いギターとか、良い機材とか、スゴイ演奏の腕前とかを。笑

実際、僕もかなりの金額をレッスンや教材につぎ込んでますし、機材や、ギターも、高いものから安いものまで必要なものは色々と買ってきました。

今、この記事を書いていて思いましたが、やはり、

『自分が幸せを感じること、幸せに繋がるものに
 投資する、エネルギーを使う』

というのは、選択基準としては一番正しいのかもしれません。

音楽の分野に限らず、僕は本が好きで結構買うのですが、どんどんたまっていくので、時々段ボールに詰めてブックオフに送るんです。

このメルマガと同時に、一言メールをやっていますが、メールに書くために文章を調べようとして、「あの本どこだっけな?」と思って探したら、前に売ったことを忘れてる、なんてこともありました。笑

でも、大量に本を読んでいるからこそ、こうしてコンテンツを作れている実感があったりするんですよね。

結局、目標を達成する、自分の望みをかなえる、というのは、ひたすら自己投資をする先にしかないのです。

投資するものは、時間でも、エネルギーでも、お金でもなんでもいいので、自分の持っているリソースの、可能な範囲から始めていくのです。

お金なら、収入の中のあるパーセンテージで良い。

気になる事があったら本でも買ってみる。

スキルを身につけたかったら誰かに習ってみる。

時間やエネルギーなら、一日の中で、それにだけ集中する時間を全力で確保する。

僕も、知識への投資を止めてしまうと、新しい情報が入ってきませんし思考が深まらないので、こうしてメルマガもかけません。

楽器の練習や、音楽の勉強をやめてしまうと、コンテンツを作る為の、音楽の能力が鍛えられなくなるわけです。

なので、時間もエネルギーもお金も、大半を自身の成長のために使っています。

一日の中で、自由になる時間の大半を、能力の向上に使っていますが、この状況にまったく後悔はしていません。

なぜなら、やりたい事は、これだから、ですね。

時どき、音楽関係者じゃない友人に、一日の中でやっていることを話すと、「ストイックだね~」みたいな反応が返ってきたりします。

でも、自分では、自分のことをストイックだとは思ってないんですよね。

世の中には、同じ様に、努力や投資をしている人が沢山いますし、もっと言えば、僕よりもはるかにストイックな人も普通にいます。

個人的には「俺はまだまだ努力が足りないな」と感じているくらいです。

正直、もっとやりたいし、もっとあらゆる面で投資していきたいのです。

昨日のメルマガでもお話ししましたが、自分にきちんとかけるべき負荷を掛けて、それを『達成』していくこと。

この『達成感』が本当に大事で、

『達成こそが人生を充実させてくれる唯一のものなんじゃないか?』

とすら、最近は感じています。

それなりの年月を生きてみて、単純な「消費」は色々としてきましたが、結局、

『自分から動き、自分を向上させ、自分で産み出す』

これの達成よりも、快感や充実に繋がるものはないんじゃないのか?と今は強く実感します。

世の中には、「自分のやりたいことがわからない」と言う人が沢山いるようですが、僕たちには、偶然なのかなんなのか『ギター、音楽』と言うものに出会えました。

幸運にも見つかった、自分の人生のリソースを割くに値するこれら『音楽』に、意識的に『自己投資』していきましょう。

きっと、今よりもっと日々が充実し、楽しくなりますよ。

それでは、次回#12 模倣(コピー)だけで終わってしまうのはもったいないに続きます。

ありがとうございました!

大沼

【教材のダウンロードとメールマガジンへの参加はこちらから】
※登録は完全無料です

【大沼の考えていること、ストーリー記事のまとめはこちらから】

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

自画像

名前:大沼俊一

ギタリスト、音楽家、ギター講師



~全てのギタリストに音楽の基礎教育と、
音楽を学ぶ事の楽しさを~


このブログでは「僕自身が独学で学んでいた頃、こんなことが知りたかった」と言うテーマで発信しています。

音楽そのものの構造を何も理解せずに、がむしゃらにコピーをしていくのもありと言えばありですが、どうしても練習効率が悪くなりがちです。

この先、どんなジャンルに進むにしても必ず役に立つ、ギタリスト必修の知識を、早い内に身に付けてしまいましょう。

ギターテクニックと、感性、知識、音楽理論を結び付ける事が、圧倒的な上達スピードを生み出す秘訣です。


【詳しいプロフィールはこちらから】



おすすめ記事

このブログの理念

PAGE TOP